蜀犬 日に吠ゆ

1919-12-31

[][]十二月三十一日 もしあなたがこの地上の生活を はてなブックマーク - 十二月三十一日 もしあなたがこの地上の生活を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 まあ、いってみれば、同じ学年を二度やりなおさなければならないときのように、もしあなたがこの地上の生活をもう一度くり返さねばならないとしたら、どんな条件でそれをしたいと望むだろうか。

 たぶん今と同じか、または似たような外的境遇のもとで生きたいと思うだろうか。もしそうなら、それだけでも、これまでの生活にたいして神にふかく感謝すべき十分な理由があるだろう。おそらくなおその上に、同じ妻や子供たちと一緒にと思うが、ほかの人たちとともに暮したくはないのだろうか。たとえば、わたしならば、そう言うかもしれない。そうすると、外的条件について、神に感謝すべき理由が倍になるわけである。

 さてしかし、次は重要な内的条件の問題に移る。それについてあなたは、どんなものを希望するのだろうか。善を行うための精神と力とをもっと多く願うのだろうか。結構だ。でもそれは、きっと上からの霊と力、つまり、真理の霊と神の力のことであってあなた自身の力をいうのではあるまい。しかし、それならこの世の生活でもすでに持っことができたはずだ。それとも、神の恩寵に対するより多くの信頼と、あらゆる事にもっと多くの神の助力とを、願うのだろうか。これについても、前とほぼ同じことが言えるだろう。

 では最後に、もっと多くの愛を、願うのだろう。まさに望むのは、これのみであり、そして、これこそ地上の生活と未来の生活との大きな相違となるだろう(肉体のことを別とすれば)。実際、もっと多くの愛があれば、あなたはこの地上の時代でも、ほとんどすべての苦悩や艱難を味わわずにすんだであろう。


    最後の登高

  最後の嵐が吹きすさんでも

  絶頂めざしていさんで登ろう。

  これから道は永久に真直ぐだ。

  天の梯子もはるか上まで見える。


  ついに明けそめた朝のそよ風が、

  えもいえぬ思いで胸をみたす。

  しかしその時どきの恩寵(めぐみ)の豊かさに、

  わたしの心もたましいも夢みごこち。


  高き栄光よ、ついに近づいた、

  年ごろ想ったのとなんという違いか。

  けれどもなお長い巡礼の不安な旅路を思い、

  いま一度、十分に支度をととのえよう。


  現実の危険はついに知らなかった。

  わたしに触れたのはただ恐怖の影のみ。

  ここまで親しく導き給うた主よ、

  あなたの大みわざをなしとげて下さるでしょうか。




 愛はすべてにうち勝つ。(Amor omnia vincit)

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫