蜀犬 日に吠ゆ

2008-04-19

[][]シャムタンティ第9日 22:52 はてなブックマーク - シャムタンティ第9日 - 蜀犬 日に吠ゆ

シャムタンティの丘を越えた!

 長かった!

萌え

 RPGといえば、昨今話題のライトのベルなどと近しい関係にあるとされていわゆる「おたく」グループでひとくくりにされがちですが、海外物はちょっと毛色が異なります。

実践 ゲームマスターの達人 (現代教養文庫)

実践 ゲームマスターの達人 (現代教養文庫)

 ゲイリーガイギャックス御大の著作などは表紙からして女性の裸満載ですが、SFのほうがもっとどぎついのであまり目立たないのではないかと思います。(中学生が買うにはちょっとアレでしたがね。)

 で、シャムタンティもそうした昨今の軟弱文化とは一線を画す殺伐とした作品なのですが、なのですがというか私が勝手にそう思いこんでいたのですが、結構「サービスシーン」がありました。

119

 (略)若い女―それもかなりの美人―が閉じこめられている。

 美女がピンチ!当然救出に向かうわけですが、なぜか美女は(なんやかやの後に)椅子をウッドゴーレムに変えて襲わせてくる!

f:id:mori-tahyoue:20080421222731p:image

 こえええ!

 というか、美女の設定は何?罠?

 旅を続けると、トレパニに至る。

232

 (略)

 トレパニに住むのは、見たところ好戦的な人オークの一種であるスヴィン族だ。

282

 (略)村の族長の娘が夜盗団にさらわれ、ある洞窟の強力な魔物に生け贄としてささげられているのだ。古い予言によれば、族長の血筋が絶えた時、村は大変な災いに襲われる――

 というわけで単身*1マンティコアの洞窟に乗り込み、死の罠を避け……

151

 廊下を少し行ったところからしくしく泣く声が聞こえる。か細い人影が松明に照らし出される。暗がりに隠れていたのはスヴィンの少女だったのだ!抱き上げて慰めると、少女は頼りきってしがみついてくる。あとは脱出あるのみだ!

 スキル「騎士道精神」発動!心配いらないよ、おじさんこうみえて名うてのソーサラーなんだ!

 しかし、少女には全然責任ないのですが、この子のお父さんって、というかスヴィン族って、こういう顔。

f:id:mori-tahyoue:20080421222714p:image

 萌えるかについては保留でよろしくお願いします。

 当方、面食いなもので。

 人オークという存在だって、

オーク 邪悪の戦士

(略)

 オークの軍隊が進軍するところ、人間やドワーフ、エルフには恐怖と死がもたらされる。なぜオークがこれほど嫌われるか、想像するにかたくない。彼らは汚らしく、血に飢えた生き物で、敵をできるだけ抹殺しようとし、最後にはタイタンで唯一の支配人としての地位を固めようとしているのだ。ところで、最後に奇妙な疑問が残っている。人オークやそれに類した不潔な生き物は、一体どうして生まれてきたのだろうか? これを考えると、たしかにオークの奴隷になることは身の毛のよだつことにちがいないと思える……。

M.ガスコイン編安田均訳『タイタン』社会思想社

 萌えるかぁ?

 難しい。

 だからダークファンタジィに、こんなサービスシーンはいらないという話。

*1:ジャンはやっかい払いした