蜀犬 日に吠ゆ

2008-08-07

[][]安達正勝『フランス反骨変人列伝』集英社新書 その3(了) 21:02 はてなブックマーク - 安達正勝『フランス反骨変人列伝』集英社新書 その3(了) - 蜀犬 日に吠ゆ

その1その2のつづき

フランス反骨変人列伝 (集英社新書)

フランス反骨変人列伝 (集英社新書)

第四章 六代目サンソン

 サンソンは、「ムッシュー・ド・パリ」と呼ばれたパリ死刑執行人の家系。第四代の時にフランス革命の恐怖政治を経験し、第六代は王政復古のころに家業を継ぐ。第三章のラスネールを処刑したのは、この六代目サンソンでした。

 しかし、家業になじむことのできなかった六代目は、「放蕩の末にギロチンを質に入れて罷免になるの術」を使ってその職を追われ、死刑反対の論陣をはることになります。

 ただ、これも反骨には疑問。