蜀犬 日に吠ゆ

2009-01-08

[][][]わたしを利用してくれてありがとう~~カート・ヴォネガット・ジュニア 浅倉久志訳『タイタンの妖女』ハヤカワ文庫 19:43 はてなブックマーク - わたしを利用してくれてありがとう~~カート・ヴォネガット・ジュニア 浅倉久志訳『タイタンの妖女』ハヤカワ文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 これを読んだのはそんなに昔でしたっけかねえ…

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)

 スローターハウス5を読んで感想を書くため読もうと思ったら感想がなかったので話を確認。

 初読では、結構泣きました。こういう、強力な運命に抗おうとして結局押し流されてしまう話はぐっと来ます。押し流される運命というのが大体ろくでもないものなのでそれが強すぎると読むのが嫌になり、実際火星軍団が地球に侵攻するあたりはかなりページをめくるのもいやでした。火星軍団がみじめに敗北するして、何が楽しいのか?

 ラムフォードは人に支配されるのが大嫌いなくせに、人を支配することに躊躇はないのね。という感想だったのですが、二度目読んだらそれを分かっていてなお地球人を目覚めさせようという信念をつらぬいたようにも読めてこれはまた三度目読んだら全然違う感想になるかも。

 この小説は要するに*1メタ概念の問題。動植物をいいようにあやつる人類U*2、弱者を支配する強者、地球を通信機として操作するトラルファマドール星人トラルファマドール星人をつくって放置したもともとのトラルファマドール星人、もともとのトラルマファドール星人を滅亡に駆り立てた「崇高な目的」。抽象概念まで逃げることで人類の知性の限界に達するのでこれ以上は追えませんが、ヴォネガットさんはそうやって悲惨の根源を探ることの無駄を説いたのではないでしょうか。「メタ抽象」を理論化言語化することは、人類にとってなかなかに難しい試煉であると思います。

概要

  • コンスタンスがラムファードから未来の予定を知らされる。
  • 火星軍団が組織され、アンク(コンスタンス)が逃げ出す
  • ビーとクロノ
  • 水星でハーモニクス最高
  • タイタンでラムフォードがサロをなじる
  • みんな死んでおわり。

*1:「要するに」というのは「俺の意見」の遠回しな言い方

*2:というのは作品には出て来ませんが、そういうものだと思います