蜀犬 日に吠ゆ

2009-01-12

[]降臨賞に投稿しました 23:53 はてなブックマーク - 降臨賞に投稿しました - 蜀犬 日に吠ゆ

 xxさんに読んでもらえて光栄です。


[][][]空から女の子がオチ 17:27 はてなブックマーク - 空から女の子がオチ - 蜀犬 日に吠ゆ

 桶屋が死んで取り残された母娘。世話する人があるというので、江戸から下って赤羽へ。

 子供連れでは足も進まず、予定を越えて夜になってしまいました。

 やむを得ず、おいなりさんのお堂を借りて夜露をしのんでおりました。


 草木も眠る丑三つ時。ふいに表に人の声。

 素性も知れぬ荒くれどもが、どうやらお堂に来たらしい。

 娘を起こして逃げる算段、ところが賊は戸を開ける。

 かのとき早く二人は梁へと必死にのぼる。


 げに恐ろしき山賊は、今日も今日とて盗みの準備。

 梁の上では、生きた心地もありません。

 次第に疲れて辛抱たまらず、娘のからだがぐらりとかぶく。

 母はあわてて帯を解き、落ちる娘にゆわえつけ、ぎゃくにはずみで自分が落ちる。

 母の重きに絶えかねて、娘の体は……屋根を貫き天を舞う。


 山賊たちはこれを見て、「たがやぁ~~~」


[][][]鉄の勇気を受けついで 16:15 はてなブックマーク - 鉄の勇気を受けついで - 蜀犬 日に吠ゆ

ギリシア神話 (岩波文庫)

ギリシア神話 (岩波文庫)

 ミーノースはテーセウスとその仲間の逃亡を知って、ダイダロスに罪ありとし、彼とミーノースの女奴隷ナウラクテーとの間に生れた子イーカロスを迷宮内に幽閉した。彼は自分と子供のために翼を作り上げ、(アポロドーロス 高津春繁訳『ギリシア神話』岩波文庫

「イーカロス、翼をきちんとつけたか?」

「はい、ダイダロスお父さん。」

「翼で飛ぶときに、約束を守れるか?」

「はい、ダイダロスお父さん。イーカロスは翼が太陽のためにその膠が溶けて放れないように高みを、また翼が湿気のために放れないよう、海の近くを飛ばぬようにします。」

 生まれたときから迷宮にあり、母親どころか父以外の人間を見たことのないわが子を、ダイダロスは憐れんだ。

「迷宮を抜ければ、世界がある。太陽があり、海がある。おまえはきちんと父の後を飛ぶのだ、イーカロス。」

「はい、ダイダロスお父さん。」

「イーカロス、外へゆけばたくさんの男や女や男女や、牡牛や牝牛や魚や鳥を見ることができる。そうして私たちは仕事を見つけて、生きてゆくのだよ。」

「はい、ダイダロスお父さん。」

「イーカロス、イーカロス、イーカロス」

「外の世界にはたくさんの誘惑がある(太陽や海もそうだが)。イーカロス、私たちは強く生きなければならないのだよ。イーカロス、この暗い迷宮の中で強く生きてゆくために、私はおまえに強い名前を与えた。」

「ダイダロスお父さん、イーカロスの名は私を強くしてくれました。」

「外の世界に出たら、おまえはおまえ自身の名前で生きてゆくのだ。」

 ダイダロスは、ほっと息をついでから告げました。


「おまえは、女の子なのだよ、イーカロセー」


[][][]魔女が空から降ってきた 15:39 はてなブックマーク - 魔女が空から降ってきた - 蜀犬 日に吠ゆ

 空から降ってきたんだと、思う。女の子は1階の屋根から僕の部屋をのぞき込んで、にっこり笑った。可愛い。6年生くらい?

 「誰?」

 質問には答えずに、女の子はベランダのガラス戸から入ってきた。

 ずいぶんと大きかった。僕の身長の何倍もある。

 「あんたは、庭。」気づけば僕は犬だった。


 もうひとり、かっこいい男が入ってきた。

 「人間界で修行だって?僕をおいていくなんてひどいじゃな~~い。」

 「なに、邪魔しに来たの?」

 「逆だよ、この大魔法使いロランドが手伝ってあげるのに」

 女の子はこれも無視して僕の左耳をむしり取った。絶叫してもがいても、彼女は顔色一つ変えなかった。

 「片方がピーンとしてて、もう片方が折れてるようにしたかったんだけど、失敗だわ。」

 窓から放り投げられた。背中を強くうった僕は庭に犬小屋があるのを見つけた。名前プレートまである。「チギレ」と書いてあった。

 台所からママの声がする。

「ナナちゃ~~ん、今へんな音がしなかったぁ?」「なんでもないわ、ママ。」


 見あげると、かっこいい男は、「わかったよ、じゃ、僕は隣の家に住むから」と、窓を飛びだしていった。


 女の子が殺伐としない状況にしてみました。すると周りが無残。これはたしか『西遊記』で、下生した天女に懸想していた神の一人が同じように天から落ちて妖怪となり、転生した天女をかどわかす話。


[]日付がかわっても降臨賞の話 00:37 はてなブックマーク - 日付がかわっても降臨賞の話 - 蜀犬 日に吠ゆ

 「いまにも(女の子が)落ちてきそうな空の下で」というネタを考えましたが、このイカシたタイトルは荒木先生の独創ではない可能性が高いので、元ネタが気になってしまい想像の翼を羽ばたかせることができません。


 女子高の先生の経験のある知り合いから聞いたのですが、夜中、塀越しにいやらしい雑誌を敷地内に放り投げてくる事例が何度かあったそうです。校庭の掃除監督をしていてそういうのを処分するのはイヤなものだと言っていました。これもある意味では空から落ちてきた女の子なのでしょうか。


 高所恐怖症の気味があるので空から落ちる側には共感したくないなあ。作家には、そういう能力があるのでしょうねえ。犯罪を憎みつつも犯罪者になりきる覚悟が。そう考えると私は私にしかなれないので、作家とか役者とか、翻訳家とか教祖とかの職業は適性がないのでしょう。いまの社会混乱を見るに新興宗教は結構躍進のときではないかと思うのですが、そっちにはいけませんね。