蜀犬 日に吠ゆ

2009-01-21

[][][]佐藤賢一『英仏百年戦争』集英社新書 20:22 はてなブックマーク - 佐藤賢一『英仏百年戦争』集英社新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 陳先生の『実録アヘン戦争』は林則徐を中心にした物語調でした。佐藤先生のほうはずっと説明口調なので、同じように歴史を記述するにも、だいぶ温度差がありますね。陳先生が小説家出身で歴史の記述もしますよ、というのと佐藤先生が歴史学(文献学)出身で小説家に打って出ましたよ、という違いも関係していると思います。

英仏百年戦争 (集英社新書)

英仏百年戦争 (集英社新書)

 百年戦争とは、「国」が「国家」が王家の所有物から人民の共同幻想に変わった転換点であると佐藤氏は(こういう言い方ではありませんが)いいます。かつての武力制圧者の既得権益を維持することではなくて国民の幻想に応えることが、国家の存在意義になる。ジャンヌ=ダルクが象徴されるように。