蜀犬 日に吠ゆ

2009-03-21

[][][]賢者について(その2) 23:17 はてなブックマーク - 賢者について(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

Ⅰ章 賢者についての考察

5

 智恵のある者は弱っても

 さらに智恵の力を増大する。

 百獣の王は飢えると

 すみやかに象の頭を襲う。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 意味不明。

6

 賢者は論議し質(ただ)さないかぎり

 その深奥さが分からない。

 太鼓はばちで叩かなければ

 他の者との違いが分からない。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 ためされていないものを賢者と崇める危険性の話かも。

7

 明日死のうとも学問する。

 今生で賢者になれなくても

 学問を来世に託して

 受け取るようなものである。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 生まれかわって、この格言をまた読めるでしょうか。読めたらいいのですが。

8

 功徳のある人のところには

 人は集めなくても、集まってくる。

 香(かんば)しい花は遠くにあっても

 蜂は雲のように集まってくる。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 この件に関して言えば、わたしは「賢者を賢者たらしめるのは賢い弟子である」という考えですので、花と蜂の比喩にしてみれば蜂を褒めよ讃えよといいたいですね。蜂こそが、花を選んで群れ集うのであり、賢者が愚者を選ぼうなどとはおこがましいでしょう。