蜀犬 日に吠ゆ

2009-03-23

[][][]賢者について(その4) 20:09 はてなブックマーク - 賢者について(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

Ⅰ章 賢者についての考察

11

智恵に守られた賢者は

敵が多くても傷つかない。

ウッジャイニー*1のバラモン*2の子は

大勢の敵を一人で退けた。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 日本なら、賢者は争わないとかそういう理想論が格言になりそうですが、降りかかる火の粉をどうするのかという問題がありますよね。愚者のすることだからと寛容をもって臨み、結果として炎上するということは、実によくあることですから。大勢を敵に回して傷つかないのも賢者、というか賢者でいるための資質なのかもしれません。

12

愚者が口論し争う時

賢者は巧みに和合させる。

川の流れが濁っても

水を浄める宝はそれを浄める。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 「水を浄める宝」というのが智恵の譬喩なのでしょう。しかしこれは賢者にとっても簡単なことではないでしょうね。自分が賢者であることは、愚者を「ほんのちょっと賢くする」ことの困難にくらべればなんでもないようにも思います。

13

賢者はいかに窮しても

愚者の道は歩まない。

ツバメはいかに喉が渇こうとも

地面に落ちた水は飲まない。

今枝由郎訳『サキャ格言集』岩波文庫

 愚者の道を歩むものを愚者といい、賢者の道を志すものを賢者というのではないでしょうかね。『徒然草』第八十五段「人の心すなほならねば」の有名なフレーズ「狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。」と同じで、日本人には理解しやすい格言ですね。

 だから、バカを装って金を稼ぐことが絶賛される昨今、「バカの真似はバカじゃできない」などと弁護する人もいますがそれはやっぱりバカと呼んでかまわないのです。「どうも親バカでしてすみません」などと開き直る人も、結論から言えばバカですよね。

*1:11 ウッジャイニー 地名。故事未詳。

*2:11 バラモン ヒンドゥー教の四カーストの最上位