蜀犬 日に吠ゆ

2009-03-28

[][][][]学而第一(その9)。 21:26 はてなブックマーク - 学而第一(その9)。 - 蜀犬 日に吠ゆ

信は義に近ければ

 学而第一(1~16)

13 有子曰。信近於義。言可復也。恭近於礼。遠恥辱也。因不失其親。亦可宗也。

(訓)有子曰く、信は義に近ければ、言うこと復すべきなり。恭は礼に近ければ、恥辱に遠ざかるなり。因にて其の親を失わざりければ、亦崇(たっと)ぶべきなり。

(新)有子曰く、朋友との付合いにおいては、正義を外れなければ、その言葉は信用できる。目上の者に対しては、礼儀を外れなければ、恥辱を与えられることがない。因循と見られようとも、古くからの交際を絶たないでいるのは、また賞められる価値がある。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 信は平等な立場での交際の道、恭は目上の権力者に仕える道をさす。復の字は恐らく履の字の尸が落ちたものと思われる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫