蜀犬 日に吠ゆ

2009-03-31

[][]絶対に負けられない戦いがそこにはある 20:21 はてなブックマーク - 絶対に負けられない戦いがそこにはある - 蜀犬 日に吠ゆ

 すでに旧聞に属する事柄ですが、サッカー日本代表がこないだバーレーンに勝ちました。

 試合の日の朝、新聞にテレビ放映の広告だったと記憶していますが、なんかサッカー選手の写真が載せてありまして、そこに「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」というキャッチィなコピィが添えられていました。その内容に突っ込むのもいまさら野暮天ですなあ、と思いつつ、こういう意味不明のフレーズにしては大分寿命がながい、ということでいまごろこれを考えた人はガッツポーズをカマしているのではないでしょうか。


 2004年掲載(2005年発行)の、『森博嗣の浮遊研究室』ではこのフレーズの変奏がいくつか「今週の一言」に収められていまして、このころにはすでにギャグフレーズであったことがうかがえます。もちろん、聞けば涙する、亢奮にうちふるえるというひとも沢山いるとは思いますが、私の実感からすれば、「じゃあ負けてもいいときってあるのか?」にはじまるツッコミをかます人が8割なのではないでしょうか。


 せっかくだから(?)、森先生のギャグを書き写しておきます。一つ一つがどうというよりも、毎週の連載の冒頭にこれをかかげる森先生のスカした態度がユーモラス。

 以下抜き書きの羅列。発表号数は母里が書き加えました。

(vol.141)

今週の一言

絶対にやめられない潮時がそこにはある。

(vol.142)

今週の一言

絶対につながらない相談窓口がそこにはある。

(vol.143)

今週の一言

絶対に負けられない試合に負け続けるとどうなるのかという疑問がそこにはある。

森博嗣『森博嗣の浮遊研究室5 望郷編』メディアファクトリー

 この巻しか買ってませんので、4巻以前にあったかどうかは知らずにいます。