蜀犬 日に吠ゆ

2009-03-31

[][]細かいことを突きつめてみる~~鈴木みそ『MASTERPIECE OF ALL NIGHT LIVE』3 4 エンターブレイン 21:58 はてなブックマーク - 細かいことを突きつめてみる~~鈴木みそ『MASTERPIECE OF ALL NIGHT LIVE』3 4 エンターブレイン - 蜀犬 日に吠ゆ

 オールナイトライブの選集も3巻4巻が発売されていました。

マスターピース・オブ・オールナイトライブ3 世相問答 (BEAM COMIX)

マスターピース・オブ・オールナイトライブ3 世相問答 (BEAM COMIX)

マスターピース・オブ・オールナイトライブ4 遊興三昧 (BEAM COMIX)

マスターピース・オブ・オールナイトライブ4 遊興三昧 (BEAM COMIX)

 単行本はとびとびでしか買っていなかった(もう捨ててしまったかもしれません、収納力の限界で)のですが、ここいらへんは覚えがありますねえ。

 田舎に帰って萌え絵を研究していたら米袋にイラストを頼まれる*1とか、コミックビームが動画サイトを公開する*2とか、官公庁のパンフレットに登場する適当な「説明漫画キャラ」*3、インターネットの検索ヒット数から世間の常識を探るゲームであそぶ*4など、時代を先取りしすぎのネタが目白押し。*5

 ファミ通人脈でありながら結構漫画マニアからも冷遇されているのかなあ、と思いました。「ゲーム専門学校の闇」だって、知る人ぞ知る的な扱いだったのが有名サイトで紹介された感じでしたからね、私の見た様子では。ここまで先進的でありながら盛り上がらないというのは逆に不思議。絵柄が受けないのか、媒体が地味なのか、キャッチコピーを使わずストレートな物言いだからなのか。母里としては三番目がいちばんありそうな気がします。

*1:「たそがれ」2001年12月

*2:「ビームTV」1999年9月

*3:「なんでもマン参上」2001年7月

*4:「インターネットバトル」1998年7月

*5:紹介順に、「あきたこまち」(というか萌えキャラ全般)、「動画サイト」、「ゆるキャラ」、「ぐぐれ!」などでいまや常識となりつつあります。