蜀犬 日に吠ゆ

2009-04-01

[][][][]学而第一(その12)。 10:41 はてなブックマーク - 学而第一(その12)。 - 蜀犬 日に吠ゆ

人を知らざるを患うる

 学而第一(1~16)

16 子曰。不患人之不己知。患不知人也。

(訓)子曰く、人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患うるなり。

(新)子曰く、人が自分を知らないことは困ったことではない。自分が人を知らないことこそ困ったことなのだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ここでいう「人」とは、たんに顔見知りという意味ではなくてその能力や資質なのでしょうね。なんだかんだといっても人間がそのもてる実力を遺憾なく発揮するにはあるていどの立場につき、予算や組織をうごかせることが必要ですから。

 意図的であるかどうかは分かりませんが、このテーマはくり返し『論語』に登場します。孔子自身が「素王」すなわち無冠の帝王であり、後世の評価など知るよしもない夫子は生涯出世することを希望していました。その実力は多くの人が認めるところでありながらそれを発揮することができないことへの屈託は、当然折にふれて口から出たのでしょう。

 同じように、孔子の弟子たちもまた青雲の志をもっていたことでしょうが、就職が思い通りであった者たちばかりでもなかったでしょう。『論語』の、他者に認めてもらえなかったときの君子のふるまいにかんする章句は、失望にとらわれた弟子たちへのなぐさめの言葉であったと考えることもできます。


 学而第一の1「人知らずして慍(いきど)おらず。」とも共通します。

 学而第一??宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫 を読む。 - 蜀犬 日に吠ゆ - 片割れ星第1号



 憲問第十四

 子の曰わく、人の己れを知らざることを患(うれ)えず、己の能なきを患う。

金谷治訳注『論語』岩波文庫

 衛霊公第十五

 子の曰わく、君子は能なきことを病(うれ)う。人の己れを知らざることを病えず。

金谷治訳注『論語』岩波文庫

 人に知られなくてもよい理由を述べた章句もあります。いつものように夫子が愚痴っぽく言葉をだしたところ、一座に子貢が混じっていました。この俊英はたちまち夫子に斬りこんでゆきます。

 憲問第十四

 子の曰(のたま)わく、我れを知ること莫(な)きかな。子貢が曰(い)わく、何為(なんす)れぞ其れ子を知ること莫からん。子の曰わく、天を怨みず、人を尤(とが)めず、下学(かがく)して上達す。我れを知る者は其れ天か。

金谷治訳注『論語』岩波文庫

 自分のことをきちんとやればそれでいいのだ。人は知らなくても天が知ってくれているよ。と孔子がおっしゃるわけですが、これはちょっと質問と返答が噛み合っていない気もしますね。「なぜ人は夫子のことを認めないのでしょう?」「天は知ってるよ」……憲問篇に対する私の感想は、後述。


 学而篇を通してみれば、「仁」は十六章中三度の登場。「孝悌は仁の本」、「鮮し仁」「仁に親しむ」。三番目は徳目としての仁ではなくて仁者(誠実な人)のことですから、仁とはなにかの説明にはなりませんね。『論語』においては、「仁」そのものよりもその根本である「孝悌」や、その表れである「礼楽」に重きがおかれているように感じます。