蜀犬 日に吠ゆ

2009-06-25

ひどすぎる

[][][][]公冶長第五を読む(その13) 23:06 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その13) - 蜀犬 日に吠ゆ

未だ知ならず、焉んぞ仁なるを得ん

 公冶長第五(93~119)

110 子張問曰。令尹子文。三仕為令尹。無喜色。三已之。無慍色。旧令尹之政。必以告新令尹。何如。子曰。忠矣。曰。仁矣乎。曰。未知。焉得仁。崔子弑斉君。陳文子有馬十乗。棄而違之。至於他邦。則曰。猶吾大夫崔子也。違之。之一邦。則又曰。猶吾大夫崔子也。違之。何如。子曰。清矣。曰。仁矣乎。曰。未知。焉得仁。

(訓)子張、問うて曰く、令尹子文は三たび仕えて令尹となりて喜色なし。三たび之を已(や)めて慍(いか)る色なし。旧令尹の政は必ず以て新令尹に告ぐ。何如ぞや。子曰く、忠なり。曰く、仁なるか。曰く、未だ知ならず、焉んぞ仁なるを得ん。崔子、斉君を弑(しい)す。陳文子、馬十乗あり。棄てて之を違(さ)り他邦に至る。則ち曰く、猶お吾が大夫崔子のごときあり、と。之を違る。一邦に之(ゆ)く。則ちまた曰く、猶お吾が大夫崔子のごときあり、と。之を違る。何如ぞや。子曰く、清なり。曰く、仁なるか。曰く、未だ知ならず、焉んぞ仁なるを得ん。

(新)子張が尋ねた。楚の宰相たる令尹の子文は三たび登用されて令尹となったが、嬉しそうなふうもなく、三たび罷められたが、むくれた顔をしなかった。交代の時にはこれまでのやり方を残らず新任者に告げて事務引き継ぎを行った。これは何と評価してよいでしょうか。子曰く、律儀者だな。曰く、仁者といえませんか。子曰く、まだ知者の段階に達しない。仁者なものか。次に尋ねた。斉の家老の崔子がその君主を弑した時、陳文子は四十頭の馬、その他の財産をそっくり残して立ち去った。ところが他国へ行くと、此処にもやはり、わが国の崔子のような家老が居る、と言って立ち去った。次に行った国でも、此処にもやはり、わが国の崔子のような家老が居る、と言って立ち去った。これはどうですか。潔癖だな。曰く、仁者といえませんか。曰く、まだ知者の段階に達しない。仁者なものか。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 現代でも、「悪いことをしない」のが「よいこと」であると思っている人は多くて、自分を善人だと信じている人は、ほとんどがこの「悪いことをしない」だけの人物です(あーイライラする)。法律にしてからが「善意の第三者」などという設定を持っているのでタチが悪い。子張はそういうつもりだったのか、それとも、夫子を試すつもりでいたのかは判然としませんが、「知者とさえいえないんだよ」と諭されてしまいます。

 令尹子文は吉川先生によれば新進の子玉に譲ったが、この子玉はいわゆる「有能すぎ」たために楚の敗戦をもたらし、子文が復帰しなければなりませんでした。自身が有能であるのは令尹なのであるから当然として、後任をきちんと選べないのでは君子にふさわしくないと言うことでしょうか。

 陳文子もそうです。崔子のことを知りながら止めることができなかった時点で、その後の行動はすべて鼻持ちならない、お高い態度に成り下がってしまうのかもしれません。


 なお、吉川先生のところで、令尹子文の意外な生い立ちを知りました。

前半で論ぜられている令尹子文とは、南方の大国、楚の国の宰相であって、子文とは字であり、令尹とはすなわち宰相を意味する楚の国の方言である。やはり春秋のごく初期、晋の文公を中心とする時代の人物である。実名は闘穀於菟(とうどうおと)であり、正当ならぬ結婚によって生まれた子であったため、母はこれを野に棄てたが、虎がやって来てそだてた。楚のくにの方言では、乳(そだ)てることを穀(どう)といい、虎のことを於菟というので、こうした名がついたと、「左伝」の宣公四年に見える。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 われわれは於菟を知っている! さすがに林太郎先生はゆかしい名前をつけるものです。吉川先生の本は読んだつもりになっていましたが、全然覚えていませんでした。

 きっと今まで読んだ本も、きっちりメモを取っていない本はすべて忘れてしまったにちがいありません。こうして読み返すことで同じ本がなんども楽しめて、実にお得です。

[][][][]山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社 19:58 はてなブックマーク - 山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 収録作品の、まだ「シャーロック・ホームズ」しか読んでいませんが、大満足!

 ひどすぎる! 笑いが止まらない!

 ハードカヴァーでお値段が\2800であったため買うのをためらっていましたが、「愛って、ためらわないことさ」と刑事さんが言っていたのでついに購入。

 編者解説より

「シャーロック・ホームズ」(「新少年」一九三五年一二月別冊附録)

 博文館の少年雑誌「新少年」の別冊附録に一挙掲載された長編で、本書が単行本への初収録となる。

山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社

 本作は、コナン・ドイル原作、山本周五郎訳述とされているが、翻訳でも翻案でもなく基本的に周五郎のオリジナル・ストーリーである。北原尚彦『シャーロック・ホームズ万華鏡』(本の雑誌社、二〇〇七年八月)によると、「確認されている最も古いホームズ・パロディは、『シャーロック・ホームズの冒険』が『ストランド』誌に掲載されて数か月後には書かれている」とある。本作も伝統あるホームズ・パロディの一篇といえよう。

山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社

 何が素晴らしいのかというと、「探偵活劇+乱歩風味+パロディ」の息もつげないたたみかけですね。文子姉さんが死んだ場面で、失礼ながらニヤニヤが止まりませんでした。

 例によって勝手に目次を作ります。

シャーロック・ホームズ

  1. 五号館殺人事件
    1. 浮浪児凡太郎
    2. シャーロック・ホームズ
    3. 奇怪な足跡?
    4. 酔っぱらいの男
  2. 支那街の冒険
    1. 老婆の訪問
    2. 跟ける凡太郎
    3. 美人の身許
    4. 怪ラマ食人種
  3. 男爵邸の事件
    1. 緑色の脅迫状!
    2. 真田男爵
    3. モンゴール王の宝玉
    4. 三通の「王の書面」
  4. 死の魔手迫る
    1. 凡太郎の活躍
    2. 悪漢と名探偵
    3. 逆襲
    4. 附け狙う眼
  5. 虎狼の牙
    1. 寝がえりをうつ?
    2. 裏のまた裏
    3. 狼と虎の取引
    4. 捕縛
    5. 「王の書面」が揃った
  6. 第二の殺人事件
    1. 二つの花束
    2. 虎狼罠を破る
    3. あ! しまった!!
    4. 庭の足跡?
  7. ホームズの死
    1. 意外な事は外にも
    2. 軽井沢山荘
    3. あ! 空だ!!
    4. ホームズの死
  8. 怪しい老人
    1. 雨の支那街
    2. 海上の狙撃者
    3. 雨中の追撃
    4. 壮烈なる血戦
  9. まだらの紐
    1. こちらはホームズ
    2. 奇妙な邂逅
    3. 第三の殺人事件
    4. まだらの紐
  10. 美しき出帆
    1. 夜の冒険
    2. 危機一髪!
    3. 万事解決!
    4. 大団円・美しき出帆

活劇パート

 ホームズは、グールド先生の研究*1では1854年生まれ。本作の設定は1934年ですよ! つまりホームズ80歳。ロイヤルゼリーパワーで元気とはいってもタクシーに悪漢の自動車がぶつけてくるし、蒸気船で追いつ追われつするし、お爺ちゃん、無理しすぎ。とうぜんバリツの腕前も健在です。

「あッ畜生!」

 寒石麟は猛然とホームズに跳りかかった、刹那! ホームズは一歩ひらいて、寒石麟の腕を掴むと、肩にかけざま、

「やっ!」

 と叫んでみごとに投出す、――同時に二三人の刑事が跳りかかって手錠をはめた。

山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社

 ラストシーンも、お爺ちゃん、無理しすぎ。ジョセフ・ジョースターもビックリの元気老人ですよ。


乱歩パート

 うち捨てられた洋館に、和装麗人の死体。

 支那街の演し物「怪ラマ食人種ショー」。まあ、植民地からきた謎の人物が事件を巻き起こすのは正典でもそうですけれど、怪ラマ食人種て。矮人で毒の吹き矢って。


パロディパート

 真田男爵の次女静子さんは「ホームズもの」の愛読者。メタ文学! この世界では、原作者はドイルでしょうかワトスン君でしょうか。

 軽井沢の冒険で唐突に瀧壺へと落ちてゆくホームズ! いよっ名人芸!

 文子姉さん死す! もちろん死に際に「紐…」! ドースル、ドースル?

 しかし私だってベイカー街に乗りこんだら、火かき棒をためす欲望に勝てるか分からないのであります。