蜀犬 日に吠ゆ

2009-06-25

ひどすぎる

[][][][]山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社 19:58 はてなブックマーク - 山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 収録作品の、まだ「シャーロック・ホームズ」しか読んでいませんが、大満足!

 ひどすぎる! 笑いが止まらない!

 ハードカヴァーでお値段が\2800であったため買うのをためらっていましたが、「愛って、ためらわないことさ」と刑事さんが言っていたのでついに購入。

 編者解説より

「シャーロック・ホームズ」(「新少年」一九三五年一二月別冊附録)

 博文館の少年雑誌「新少年」の別冊附録に一挙掲載された長編で、本書が単行本への初収録となる。

山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社

 本作は、コナン・ドイル原作、山本周五郎訳述とされているが、翻訳でも翻案でもなく基本的に周五郎のオリジナル・ストーリーである。北原尚彦『シャーロック・ホームズ万華鏡』(本の雑誌社、二〇〇七年八月)によると、「確認されている最も古いホームズ・パロディは、『シャーロック・ホームズの冒険』が『ストランド』誌に掲載されて数か月後には書かれている」とある。本作も伝統あるホームズ・パロディの一篇といえよう。

山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社

 何が素晴らしいのかというと、「探偵活劇+乱歩風味+パロディ」の息もつげないたたみかけですね。文子姉さんが死んだ場面で、失礼ながらニヤニヤが止まりませんでした。

 例によって勝手に目次を作ります。

シャーロック・ホームズ

  1. 五号館殺人事件
    1. 浮浪児凡太郎
    2. シャーロック・ホームズ
    3. 奇怪な足跡?
    4. 酔っぱらいの男
  2. 支那街の冒険
    1. 老婆の訪問
    2. 跟ける凡太郎
    3. 美人の身許
    4. 怪ラマ食人種
  3. 男爵邸の事件
    1. 緑色の脅迫状!
    2. 真田男爵
    3. モンゴール王の宝玉
    4. 三通の「王の書面」
  4. 死の魔手迫る
    1. 凡太郎の活躍
    2. 悪漢と名探偵
    3. 逆襲
    4. 附け狙う眼
  5. 虎狼の牙
    1. 寝がえりをうつ?
    2. 裏のまた裏
    3. 狼と虎の取引
    4. 捕縛
    5. 「王の書面」が揃った
  6. 第二の殺人事件
    1. 二つの花束
    2. 虎狼罠を破る
    3. あ! しまった!!
    4. 庭の足跡?
  7. ホームズの死
    1. 意外な事は外にも
    2. 軽井沢山荘
    3. あ! 空だ!!
    4. ホームズの死
  8. 怪しい老人
    1. 雨の支那街
    2. 海上の狙撃者
    3. 雨中の追撃
    4. 壮烈なる血戦
  9. まだらの紐
    1. こちらはホームズ
    2. 奇妙な邂逅
    3. 第三の殺人事件
    4. まだらの紐
  10. 美しき出帆
    1. 夜の冒険
    2. 危機一髪!
    3. 万事解決!
    4. 大団円・美しき出帆

活劇パート

 ホームズは、グールド先生の研究*1では1854年生まれ。本作の設定は1934年ですよ! つまりホームズ80歳。ロイヤルゼリーパワーで元気とはいってもタクシーに悪漢の自動車がぶつけてくるし、蒸気船で追いつ追われつするし、お爺ちゃん、無理しすぎ。とうぜんバリツの腕前も健在です。

「あッ畜生!」

 寒石麟は猛然とホームズに跳りかかった、刹那! ホームズは一歩ひらいて、寒石麟の腕を掴むと、肩にかけざま、

「やっ!」

 と叫んでみごとに投出す、――同時に二三人の刑事が跳りかかって手錠をはめた。

山本周五郎『シャーロック・ホームズ異聞』作品社

 ラストシーンも、お爺ちゃん、無理しすぎ。ジョセフ・ジョースターもビックリの元気老人ですよ。


乱歩パート

 うち捨てられた洋館に、和装麗人の死体。

 支那街の演し物「怪ラマ食人種ショー」。まあ、植民地からきた謎の人物が事件を巻き起こすのは正典でもそうですけれど、怪ラマ食人種て。矮人で毒の吹き矢って。


パロディパート

 真田男爵の次女静子さんは「ホームズもの」の愛読者。メタ文学! この世界では、原作者はドイルでしょうかワトスン君でしょうか。

 軽井沢の冒険で唐突に瀧壺へと落ちてゆくホームズ! いよっ名人芸!

 文子姉さん死す! もちろん死に際に「紐…」! ドースル、ドースル?

 しかし私だってベイカー街に乗りこんだら、火かき棒をためす欲望に勝てるか分からないのであります。