蜀犬 日に吠ゆ

2009-07-01

已んぬるかな

[][][][]公冶長第五を読む(その17) 20:43 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その17) - 蜀犬 日に吠ゆ

朋友信之

 公冶長第五(93~119)

117 顔淵季路侍。子曰盍各言爾志。子路曰。願車馬衣裘。与朋友共。敝之而無憾。顔淵曰。願無伐善。無施労。子路曰。願聞子之志。子曰。老者安之。朋友信之。少者懐之。

(訓)顔淵、季路侍す。子曰く、盍(な)んぞ各々爾が志を言わざる。子路曰く、願わくは車馬衣裘を、朋友と共にし、これを敝(やぶ)りて憾(うら)むなからん。顔淵曰く、願わくは善に伐(ほこ)るなく、労を施しすることなからん。子路曰く、願わくは子の志を聞かん。子曰く、老者はこれを安んじ、朋友は之を信じ、少者はこれを懐けん。

(新)顔淵と季路とが左右に侍(はんべ)っていた。子曰く、どうだね、お前たちの日頃の志を言ってみては。子路曰く、私は外出の車馬、衣服、外套を友達に貸して、使いつぶされても惜しいと思わぬような交際をしたいと思います。顔淵曰く、私は驕って独りよがりにならぬよう、少しの骨折りで恩を売ることのないようにと心掛けています。子路曰く、今度は先生の理想をお聞かせ下さい。子曰く、老人たちには不安をなくし、同輩は互いに信じあい、若者たちには出来るだけ面倒を見てやりたい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 それぞれの日頃の理想、ということですが、三人とも人付き合いの話をしているので、この時はこういうテーマが持ちあがっていたのでしょう。

〔解説〕この章は聖賢の志は公(おおやけ)で私がなく、小大各(おのおの)その量に随うことを見(あらわ)したのである。季路(子路)の志は物を公にするのにあり、顔淵の志は善を公にするのにあり、孔子の志は物に因って物を与え、各そのところを得させるのにある。

 子路は人を済(すく)い物を利する心がある。顔淵は物と我とを平等に見る心がある。孔子は万物その所を得るようにする心がある。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 あまり各人の上下を言っても仕方ないと思いますが、どうしても孔子顔回子路という序列が先入観としてあるものですから……

 シチュエーションとしては非常に子路が個性を表していますよね。孔子先生から問が発せられて、得たりやとばかりにとうとうと志を述べる子路、おそらく間をおくか何かして、ひょっとすると孔子が「子淵はどうだい」くらい促したのかも知れませんが、ぽつぽつ顔回も答えたのでしょう。この時点で子路はイライラしだしていて、子貢ならば「先生わたしたちのどっちが優れていましょうか」というアイコンタクトをとり出すところでしょうけれども、子路としては顔回などライバル視していませんので、こういう質問を繰り出したのではないでしょうか。


其の過ちを見て内に自ら訟む

 公冶長第五(93~119)

118 子曰。已矣乎。吾未見能見其過。而内自訟者也。

(訓)子曰く、已(や)んぬるかな。吾れは未だ、能く其の過ちを見て内に自ら訟(せ)むる者を見ず。

(新)子曰く、つくづくいやになったね。自分の犯した過ちに気付いて自ら咎める人が、どこにも居ないではないか。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 已矣乎(已んぬるかな)の訳語には興味がありますね。

 読み下し訳文
金谷治已んぬるかなもうおしまいだなあ
宮崎市定已んぬるかなつくづくいやになったね
加地伸行已んぬるかな残念だな
宇野哲人已んぬるかなもはや絶望だ
吉川幸次郎已んぬるかなイイ、イイ、フ、という唐音で読めば、一層よくわかるように、深い嘆息の言葉

 吉川先生は翻訳してくれません。

 今風に言えば、「絶望した!」


丘の学を好むに如かざるなり。

 公冶長第五(93~119)

119 子曰。十室之邑。必有忠信如丘者焉。不如丘之好学也。

(訓)子曰く、十室の邑に、必ずや忠信の丘の如き者あらん。丘の学を好むに如かざるなり。

(新)子曰く、どんな僻地の小邑(こむら)でも、ひとりぐらいは私のような律儀者が居るものだ。しかし私のような学問好きは滅多にいないだろう。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 儒教の、聖賢の道というのは一つ一つは小さな実践の積み重ねであり、封建主義ですから自分の分相応の振る舞いをすることが大切なのです。

 生まれもった素性のよい人間は、そのまま育てば忠信の人になるでしょう。しかしそこからさらに進んでゆくためには、「学」がかかせないというわけです。

 朱子が曰うには、「美しい性質の人は得易いけれども、究極の道は悟り難い。学んでその極に達すれば聖人となることができる。学ばなければ凡人となることを免れない。勉め励まなければならない。」

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 つまり前にも言ったことのくり返しのようですが、「悪いことをしない」ことを「よい子である」とする風潮は、儒教的には誤りで、常に進取の道をあやまたず貫くことが大切なのでしょう。


 すなわち孔子によれば、素朴なひたむきな誠実、それだけでは完全な人間でないのである。学問をすることによって、人間ははじめて人間である。人間の任務は「仁」すなわち愛情の拡充にある。また人間はみなその可能性をもっている。しかしそれは学問の鍛錬によってこそ完成される。愛情は盲目であってはならない。人間は愛情の動物であり、その拡充が人間の使命であり、また法則であるということを、たしかに把握するためには、まず人間の事実について、多くを知らなければならない。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 吉川先生はちょっと大げさでしょうか。吉川先生は「1 学而時習之」の「学」も「「学」とは、いうまでもなく、学問の意味であるが、具体的には、教団の重要な教科書であった「詩経」と「書経」を読み、礼と楽とを勉強することであったろう。」と大真面目ですから、こうなるのかも知れませんが、朱子の「究極の道」のようですね。自分に合わせて段階的に学びつつ、というくらいでいいと思います。「詩経」と「書経」をマスターするぞ、といっても一朝一夕にはなかなか難しい。大切なのは、日々巧夫をかさねて少しづつでもよいから聖王の道に近づこうとする心意気なのではないでしょうか。それを孔子は「好学」と示したのだ、と。

 なろう、なろう、あすはなろう!

 大きな檜にあすなろう!


 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』上論における「公冶長」という第五章は終わる。*1


[][][]生きるためには、他者を犠牲にしなければならない~~ジャック・ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』HJ文庫 ホビージャパン 19:27 はてなブックマーク - 生きるためには、他者を犠牲にしなければならない~~ジャック・ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』HJ文庫 ホビージャパン - 蜀犬 日に吠ゆ

ドラッケンフェルズから、2年……。いよいよ積ん読を崩せるのでしょうか。

 (ちなみに、2年というのは読書ペースが遅くて、しかも同じ本を何遍も読み返す私としては積ん読熟成期間としては短い方です。)

 ホラーだと聞いていたので、あんまりザンコク描写があると嫌だなあ、と思っていましたが、けっこう大丈夫でした。もちろん、ヒロインが吸血鬼だったり出て来るキャラクターのほとんどが最低の人間なので残酷なシーンは多いのですが、抑制がとれている表現なので残酷さに嫌悪感は覚えても読み進める気を削ぐほどではない、私にとっては非常にバランスのいいホラー小説でした。


 ストーリィも面白く、いろいろなギミックも仕掛けられていてクライマックスにむけて交錯する糸がまとめ上げられてゆくテンポもいい。もちろん、ゲームの設定もそこそこ踏まえられているので世界背景の説明(死の神モールとか、ワープストーンとか)が最小限に抑えられつつ、それが奥の深そうな世界観を演出しているのも小気味いい。


 この小説のテーマは、結局、標題のようではないかと思うのですがどうでしょう。ヒロインであるジュヌヴィエーブは六百何歳だかの女吸血鬼で、人間の血を「食餌」として摂取します。ヒーローのデトレフは、俳優であり演出家であり脚本家であり、「他人の人生をまねる」ことを生業とします。悪の〈大魔法使い〉ドラッケンフェルズは近隣の、あるいは異世界の弱者たちの命を奪い、もしくはその生をなぶる事によって悪を実践し、永遠とも思える時間を生きつづけるのです。自分では働くことをしない帝国の貴族たち、足を引っ張り合う監獄の罪人たち、とにかく生きにくいオールド・ワールド(作品註では既知世界、ノウン・ワールド)ですから、相互扶助などということを言っていられないのです。

 だからこそ、希だからこそ、思いやり、友愛、そういった人間の美しい部分が煌めいて見えるのかも知れませんけどね。







 目次と概要 ネタバレを含むので注意! (カッコの中は、各場の主人公

目次
  • プロローグ 二十五年前(ジュヌヴィエーブ) 11
    • 一場
      • ドラッケンフェルズ城外。
      • ウエリの裏切りでイェハンが死ぬ。
    • 二場
      • ジュヌヴィエーブがドラッケンフェルズを思い返す。
    • 三場
      • ドラッケンフェルズ城内に侵入。毒の宴の間。
    • 四場
      • 呪いによる仲間割れ。
      • ファイト退場(リタイア)。
      • ルディ退場。エルツベトがその場に残る。
    • 五場
      • 王者の謁見室。
      • ドラッケンフェルズと対峙。ジュヌヴィエーブ退場。

  • 第一幕 53
    • 一場(デトレフ)
      • マンドセン城砦の紹介。監獄の掟。
      • 『シグマーの真実』上演失敗の顛末。
    • 二場(ジュヌヴィエーブ)
      • 修道院〈永遠の夜と慰めの教団〉でレディ・メリッサと話す。
      • ジュヌヴィエーブはヘンリック・クラリイとともにアルトドルフに旅立つ。
    • 三場(デトレフ)
      • オスヴァルトが面会にくる。
    • 四場(マクシミリアン)
    • 五場(デトレフ)
      • オスヴァルトがデトレフに魔法使い打倒の演劇を依頼する。

  • 第二幕 100
    • 一場(デトレフ)
      • デトレフは演劇の仲間を集め始め、城砦をあとにする。
    • 二場(リリ)
      • リリが出演交渉に応じる。
    • 三場(ルディ)
      • アル中となったルディがオスヴァルトに再会する。
    • 四場(デトレフ)
      • アルトドルフで『ドラッケンフェルズ』脚本の制作が始まる。
    • 五場(デトレフ)
      • ローヴェンシュタインがドラッケンフェルズ役になる。
    • 六場(シスター・クレメンティーネ)
      • エルツベトはオスヴァルトの使者を殺し、みずからの命も絶つ。
    • 七場(デトレフ)
      • ケレトが皮革加工の技倆をみせる。
    • 八場(デトレフ)
      • リリが現場に到着。
    • 九場(ローヴェンシュタイン)
      • ローヴェンシュタインが庇護者(パトロン)と会う。
      • 悦楽タイム。
    • 十場(デトレフ)
      • ブロイゲルがドワーフと揉める。
    • 十一場(ファイト)
      • ファイトが〈盗っ人〉エルノを捕らえる。
      • ファイトがオスヴァルトの使者に発見される。
    • 十二場(デトレフ)
      • デトレフが幽鬼の修道僧たちに警告される。

  • 第三幕 151
    • 一場(ジュヌヴィエーブ)
      • アルトドルフに到着したジュヌヴィエーブがオスヴァルトと再会する。
    • 二場(デトレフ)
      • ジュヌヴィエーブがデトレフに紹介される。
    • 三場(ローヴェンシュタイン)
      • ローヴェンシュタインがモール神殿のエルツベトの遺体を損壊する。
    • 四場(ジュヌヴィエーブ)
      • 劇団がドラッケンフェルズ城に出発する。
    • 五場(ルディ)
      • ドラッケンフェルズ城で宴会が催される。
      • ルディがエルツベトと再会する。
    • 六場(デトレフ)
      • リリが問題を起こし、ローヴェンシュタインが事態を収める。
    • 七場(マクシミリアン)
      • マクシミリアンが死ぬ。
    • 八場(ジュヌヴィエーブ)
      • ジュヌヴィエーブとデトレフがクラリイに呼ばれ、毒の宴の間に向かう。
    • 九場(デトレフ)
      • ルディの死体を検分する。
      • ネーベンツァールが城から追放される。
    • 十場(ブロイゲル)
      • ブロイゲルがみずからの人生を思い返し、変異種(ミュータント)である自己をみつめる。
    • 十一場(カール・フランツ)
    • カールフランツがマクシミリアンの弔問に訪れ、オスヴァルトに会う。

  • 第四幕 228
    • 一場(デトレフ)
      • ジュヌヴィエーブとデトレフがメネシュの惨殺現場を探し出す。
      • クラリイが斧槍兵(ハルバーディア)とともに人殺しを強襲する。
      • 現場から逃走した犯人を追い、ブロイゲルが変異種であることが曝かれる。
    • 二場(カール・フランツ)
      • オスヴァルト、帝国貴顕とともにドラッケンフェルズ城へ向かう。
    • 三場(デトレフ)
      • クラリイがブロイゲルを拷問し、変異がすすんだブロイゲルは破裂する。
    • 四場(デトレフ)
      • デトレフがブロイゲルの葬儀を行う。
    • 五場(ファイト)
      • ファイトがドラッケンフェルズ城からの脱出を試み、昔の冒険仲間に会う。
    • 六場(ジュヌヴィエーブ)
      • 『ドラッケンフェルズ』の最終リハーサルが終わり、貴族たちの晩餐会が催される。
    • 七場(ローベンシュタイン)
      • ファイトの骨が取り出される。

  • 第五幕 283
    • 一場(デトレフ)
      • 開演一時間前。
      • リリが出演を拒否する。
    • 二場(カール・フランツ)
      • ジュヌヴィエーブがリリの代わりにジュヌヴィエーブ役をつとめて『ドラッケンフェルズ』開演。
    • 三場(ローベンシュタイン)
      • ローベンシュタインが犠牲者の眼球をのみくだす。
    • 四場(ジュヌヴィエーブ)
      • 劇がすすむ。
    • 五場(デトレフ)
      • デトレフが舞台裏に引っ込む。
    • 六場(ジュヌヴィエーブ・デトレフ)
      • 劇が第五幕(クライマックス)に至る。
      • ローベンシュタイン=ドラッケンフェルズがゲシュアルド=メネシュを殺す。
    • 七場(カール・フランツ)
      • オスヴァルトが裏切りを明らかにする。
      • ドラッケンフェルズが復活する。
    • 八場(ドラッケンフェルズ)
      • 二十五年前に語られなかったドラッケンフェルズの死が明らかになる。
    • 九場(ジュヌヴィエーブ・デトレフ)
      • ジュヌヴィエーブとデトレフがドラッケンフェルズに戦いを挑む。
    • 十場(ジュヌヴィエーブ)
      • ドラッケンフェルズとジュヌヴィエーブが格闘する。
    • 十一場(デトレフ)
      • シグマーの槌が顕現する。
    • 十二場(ドラッケンフェルズ)
      • ドラッケンフェルズが死ぬ。
    • 十三場(カール・フランツ)
      • オスヴァルトが観客席を飛び出す。
    • 十四場(オスヴァルト)
      • オスヴァルトが舞台に立ち、ジュヌヴィエーブと対峙する。
    • 十五場(オスヴァルト)
      • オスヴァルトが死ぬ。

  • 結び 336
      • エピローグ

*1:法華経の章が終わる所のパクリ