蜀犬 日に吠ゆ

2009-07-28

[][][]ワトスンのいないロンドン、ホームズのいない世界~~コナンドイル 延原謙『ドイル傑作集』1 ミステリー編新 潮文庫 21:13 はてなブックマーク - ワトスンのいないロンドン、ホームズのいない世界~~コナンドイル 延原謙『ドイル傑作集』1 ミステリー編新 潮文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 短編集。

ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))

ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))

 以下、もちろんネタバレ。犯人バレ

  • 消えた臨急 The Lost Special
    • 臨急が消える。
      • 一八九〇年のロンドン・エンド・ウエスト・コースト鉄道会社では、一マイル五シリングの割りで臨時列車が出せたのですか。
      • もちろん、二マイルだけやってくれ、などと言えばはっ倒されるのでしょうが。
      • そういう規定があること自体が、階級社会っぽいですね。
    • そして消える。
  • 甲虫採集家 The Beetle-Hunter
    • スタンダード新聞に以下の広告。
      • 『医師を一日または数日間雇いたし。身体強健、精神強固、決断力旺盛にして、昆虫特に甲虫学者ならばなお可。ブルック街七七Bへ本人来談、本日正午まで。』
      • ああ、赤毛連盟ね。もしくは三人ガリデブ。
    • 延原氏の翻訳は、文庫版が昭和三二年という時代がかったもので感動的ですらあります。
      • 「それどころか、甲虫こそは僕の自信をもって知っておりますと答えられる学問の一つです。」
      • 「そうと聞いては狂喜する思いです。では甲虫について話して下さい」
        • 「狂喜する思いです」って、完全冷静じゃないですか。
      • 一日二〇ポンドという破格の待遇。
    • しかし舞台はロンドンからパディントンの駅を発してパングホーンへ。
      • まだらのひも? 田舎のヘンクツと言えばまだらのひも。
    • サー・トーマス・ロシッター、甲虫収集家にして…
      • 愛ゆえに、傷つけ合わねばならないのか?
  • 時計だらけの男 The Man with the Watches
    • 一八九一年、ロンドンからマンチェスターへ向かう列車の中で事件発生。
    • 一等車両には男女の二人連れと一人の紳士が乗っていたが、ラグビー駅に着いてみると三人とも忽然と消えうせ、代わりに一人の死体が残されていた。
      • そしてこの死体は、身許を示すものをもたず、ただたくさんの高価な時計を身につけていた……
        • 結論から言ってしまうとこの男は時計商だったので、時計をたくさんもっていたのでした。
    • 犯行に使われたのがピストルであることから、犯人はアメリカ人と推定されました。
      • 「これは男のほうがピストルを持っていたことを思うと、いっそう確実味をます。イギリス人はピストルなんぞあまり持ち歩かない。」
        • それはすこしひどいのではないか。
  • 漆器の箱 The Japanned Box
    • これは読んでいる途中でネタが分かりましたが、それは二〇世紀に生きているがゆえの後出しジャンケンでしょうね。
    • そして睡眠薬としてクロロダインを摂取する家庭教師は結果としてクビになりました、と。
  • 膚黒医師 The Black Doctor
    • ビショップズ交叉点(クロッシング)とは、リヴァプール港から西南へ十マイルの小さな村。
    • そこに膚黒医師がやってきて患者の信頼をかちえ、土地の名士の妹との縁談も決まる。
    • しかし突然医師により婚約は破棄。
    • 医師死亡。婚約者の兄が捜査線上にうかびあがる。
    • 裁判では、死んだ膚黒医師自らが出廷して弁護の論陣を張る。
  • ユダヤの胸牌 The Jew's Breastplate
    • ベルモア街博物館所蔵のウリムとトンミム(裁判を行なうユダヤの高僧が用いた胸あて。旧約聖書『出エジプト記』二八章三〇節)の宝石が涜される。
      • ウリムとトンミムって、知りませんでしたねえ。ファンタジー系のゲームで登場しましたっけか。
        • そしてその胸牌には、十二の宝石が金の台座に収まっています。
          • ユダヤ十二支族をあらわす?
          • 四個づつ三段になった宝石は、左から、
            • 一段目 紅玉髄(カーニリアン)、濃緑のかんらん石、緑玉(エメラルド)、紅玉(ルビー)
            • 二段目 青金石(ラピス・ラズリ)、しまめのう、青玉(サファイア)、めのう
            • 三段目 紫水晶、黄玉(トパーズ)、緑柱石(ベリル)、そして碧玉(ジャスパー)
  • 悪夢の部屋 The Nightmare Room
    • 紳士が二人、美女が一人。事件は一つ。
      • そして、すべてを見つめるものが部屋の隅に控えています。
  • 五十年後 Jhon Huxford's Hiatus
    • 風が吹けば桶屋が儲かる。
    • 南アメリカのコルク工場が開業するとカナダの追い剥ぎがたいして稼げない仕事に精を出す。
      • 「南国のことで色のあさ黒い二百人の工員たちが、英国の工員であったらとうてい一人も我慢するもののないような安い工賃で、熟練した手さきを巧みに使って働らいた。」ユニクロ?