蜀犬 日に吠ゆ

2009-09-10

かってに改蔵

[][]読んでもらう文章論~~三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫 22:51 はてなブックマーク - 読んでもらう文章論~~三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 三島由起夫の手紙論はブログ論に読みかえることができるでしょうか。

 以下引用。ちくま文庫版ですので新字新かな

 私のところへは、いろいろな手紙が来ますが、特に、文学の勉強をしていると称している人から、私の名前をまちがえられると、その人の文学者としてのこまかい神経を疑いたくなります。

 私の名前はどういうものか、「三島由紀夫」というのを、「三島由起夫」とまちがって書かれることが多い。私は由紀夫であって、由起夫なんていう、だれか知らない人物ではない。「紀」を「起」とまちがえるだけでも、相手の心証を傷つけること大なるものがあります。

 とにかく、こんな小さなまちがいは、文中に述べられたおびただしい敬意を、ニセモノと判断させるに十分だからです。

三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫

 まちがえました。ここは関係なかった。


 手紙を書くときには、相手はまったくこちらに関心がない、という前提で書きはじめなければいけません。これがいちばん大切なところです。

 世の中を知る、ということは、他人は決して他人に深い関心を持ちえない、もし持ち得るとすれば自分の利害にからんだ時だけだ、というニガいニガい哲学を、腹の底からよく知ることです。

 もちろん、この利害という言葉には、お金だけがからまっているわけではない。名誉もあろうし、性欲もあろう。それにしても、手紙の受け取り人が、受け取った手紙を重要視する理由は、

 一、大金

 二、名誉

 三、性欲

 四、感情

 以外には、一つもないと考えてよろしい。このうち、第三までははっきりしているが、第四は内容がひろい。感情というからには喜怒哀楽すべて入っている。ユーモアも入っている。打算でない手紙で、人の心を搏つものは、すべて四に入ります。

三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫

 ブログも、一、二、三の目的がはっきりしているものは悩まずエントリがふえる、のでしょうか。


 さて、さっきも言ったように、受け取り人は、あなたの書く手紙に対して、絶対になんの関心もないという前提で書き出す場合、むつかしいのは、この第四の手紙です。

 第一なら、

「あなたに四千万円進呈するから、明朝十時、S銀行へとりに来るように」

 という、失礼きわまるそっけない文章でも、相手はイソイソと銀行へやってきます。

 第二なら、

「あなたを内閣総理大臣に推挙したいという動きがあるので、赤坂N亭まで明六時にお越しねがいたい」

 と書くだけで、相手の大物は、定刻にピカピカ光るベンツを料理屋の玄関へ横付けにします。

 第三なら、

「あなたが大好きで大好きで、いっしょにホテルへ泊まりに行きたいから、明晩八時に喫茶店Mへ来てくださいね。あなたのP子より」

 と書くだけで、魚心あれば水心、彼は張り切って駆けつけてくれます。

 ですから、第一、第二、第三、までの手紙なら、文例もお手本もまったく不要、どんな悪文でも目的を達することができます。

三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫

 三島由紀夫の文章があまり上等のものでないことはこのあたりからも察せられることでしょうが、とにかく実例が、それはないだろう、とか、バカじゃねえの、とかいうものばかりなのです。しかし読んでいるうちにこういう出鱈目が楽しくてしかたなくなるのが、三島の文章の魅力なのですよね。

 もちろん、こうした下賤の文章はユーモア作品用に選択されたものであるところが、また小憎らしいところなのですが。


 ところが、第四の手紙は、ピンからキリまであって、それぞれ用途や目的がちがって大変です。

三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫

 世の中の人間は、みんな自分勝手の目的へ向かって邁進しており、他人に関心を持つのはよほど例外的だ、とわかったときに、はじめてあなたの書く手紙にはいきいきとした力がそなわり、人の心をゆすぶる手紙が書けるようになるのです。

三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫

 終わり。ほんとうは、その書き方を知りたいのですが、それについては記述がないあたりが、また腹立ちます。それもそれですべて計算なのがまた腹が立つ。

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)