蜀犬 日に吠ゆ

2009-09-16

[][]藤原浩『宮沢賢治とサハリン』ユーラシアブックレット 東洋書店 23:34 はてなブックマーク - 藤原浩『宮沢賢治とサハリン』ユーラシアブックレット 東洋書店 - 蜀犬 日に吠ゆ

 妹としは大正11年(1922)11月に病没。翌年7~8月、賢治は花巻農学校の生徒の就職斡旋を依頼するため、樺太の王子製紙細越氏を訪ねます。旅程は、七月三十一日発。花巻~青森、青函連絡船、函館~稚内、稚泊連絡船、大泊~栄浜。栄浜に八月四日到着。花巻へは八月十一日帰還。

 この本は、作者が文学研究者というのではなくて、むしろ『地球の歩き方』執筆者としてロシアを旅した経験と鉄道趣味から記述されているのがおもしろい。もちろん先行の文学研究もきちんと踏まえていて、そういう点からも簡便に読むことができます。

 研究者はこれまで、サハリン紀行にさまざまな意味を見いだしてきた。総じて、この旅は単なる”鎮魂の旅”ではないと結論づけている。しかしどの説も非常に難しく、いち読者の理解としては別に”傷心旅行”でもかまわないと思っている。賢治自身が『春と修羅』を通して読者に望んだ心象も、そのようなものだったのではなかろうか。

 しかし一方で、妹の死に悲しみ狼狽し、傷ついた一人の人間であると同時に、賢治は作家である。表現者である。『永訣の朝』などトシの臨終に際して詠まれたとする詩群も、実際には半年以上ものち、つまり”サハリン紀行”の時期に詠まれた―作品として形にした―ものだともいわれている。そういう意味において、サハリン紀行は、トシの死という人生最大の辛苦を経た賢治の、表現者としての”けじめ”であり、”総括”でもあった。人間として、表現者として、乗り越えるべきものを越えてゆくための旅であった。その両方の面において、私たちもまた、賢治を理解するうえで、”サハリン紀行”は乗り越えていかなければならない大きな壁でありつづけている。

 そして、この旅が名作『銀河鉄道の夜』のモチーフになったという考えは、今では定説ともなっている。『銀河鉄道の夜』は、賢治が樺太への旅を終えたあと書き始められ、残りの人生を通して書きつづけ、書き直しながら完成に至らなかった。最果て行きの切符を持って、トシの魂を抱きながらいくつもの挽歌を詠んだその旅は、死者の魂を乗せて天上を走る列車の物語として結実する。

藤原浩『宮沢賢治とサハリン』ユーラシアブックレット 東洋書店

 というわけで、銀鉄ファンでありながら伝記を読むのをサボっていた私にとってはまさに絶好の本でした。


 連帯運輸が開始されたことで、栄浜駅でも東京までの切符が買えるようになった。東京からの荷物が規則正しく届いた。宮沢賢治という、樺太に縁もゆかりもない若者が流れつくように―といっても決められた時刻通りに―たどり着いたりもした。そして、この風変わりな若者によって、栄浜は、”銀河鉄道”の始発駅へと仕立て上げられ、賢治世界”イーハトーブ”の最北端となった。今では、この何もない田舎町が、日本人ツアー客が必ず立ち寄る、サハリンに欠かせない観光スポットとなっている。

藤原浩『宮沢賢治とサハリン』ユーラシアブックレット 東洋書店

 栄浜*1が銀河ステーションとは知りませんでした。たしかに銀河鉄道は、北十字からサウザンクロスに向かって行きました。考えるてみると不思議ですね。花巻のふるさとでトシ子を送った賢治は、トシ子の面影とともに北を目指した……というほうが分かりやすそうですが、そうではなかったのでしょうか。

そして、カムパネルラは、円い板のやうになった地図を、しきりにぐるぐるまはして見てゐました。まったくその中に、白くあらはされた天の川の左の岸に沿って一条の鉄道線路が、南へ南へたどって行くのでした。

鎌田東二『精読 銀河鉄道の夜』岩波現代文庫

 ついでに、銀河鉄道の駅を書き出しておきます。

  1. 銀河ステーション
  2. 白鳥
  3. 南十字

*1:現スタロドゥプスコエ。この漢字の読み方さえ分かりません。