蜀犬 日に吠ゆ

2009-09-23

[][]かゆの木(『枕草子』) 16:55 はてなブックマーク - かゆの木(『枕草子』) - 蜀犬 日に吠ゆ

 十五夜のボウジボウウチ(ワラデッポ)が話題になったときの関連で。かゆの木。

(三)正月一日は

 十五日、節供まゐりすゑ、かゆの木ひきかくして、家の御達・女房などのうかがふを、うたれじと用意して、つねにうしろを心づかひしたるけしきも、いとをかしきに、いかにしたるにからん、うちあてたるは、いみじう興ありてうちわらひたるはいとばえばえし。ねたしとおもひたるもことわりなり。あたらしうかよふ婿の君などの内裏(うち)へまゐるほどをも心もとなう、所につけてわれはと思ひたる女房の、のぞきけしきばみ、おくのかたにたたずうまふを、まへにゐたる人は心得てわらふを、「あなかま」とまねき制すれども、女はたしらず顔(がほ)にて、おほどかにてゐ給へり。「ここなる物とり侍らん」などいひよりて、はしりうちてにぐれば、あるかぎりわらふ。をとこ君もにくからずうちゑみたるに、ことにおどろかず、顔すこしあかみてゐたるこそをかしけれ。また、かたみにうちて、をとこをさへぞうつめる。いかなる心にかあらん。なきはらだちつつ、人をのろひ、まがまがしくいふもあるこそをかしけれ。内裏わたりなどのやんごとなきも、けふはみなみだれてかしこまりなし。

池田亀鑑校訂『枕草子』岩波文庫

 野蛮ですねえ。

枕草子 (岩波文庫)

枕草子 (岩波文庫)


 あと、桃尻誤訳。

 節句のお膳をお出しした後で、お粥炊いた薪をちょっと隠して、ご一家のお姫ィ様や女房(キャリア)なんかが狙ってるのをさ、「ぶたれるもんか!」って構えてて、いつも後ろを用心してる様子っていうのもすっごく素敵なんだけど、どうにかした拍子でなっちゃうのね――命中しちゃうのはメッチャクチャおもあしろいし、大笑いしてるのは、すっごく陽気ね。

橋本治『桃尻語訳 枕草子』上 河出文庫

 うんぬん。たしかにもうこの文体は古いですなあ。(このあとハートマークだの音符だのもでます。)まあ、どうでもいいか、そんなこと。

桃尻語訳 枕草子〈上〉 (河出文庫)

桃尻語訳 枕草子〈上〉 (河出文庫)