蜀犬 日に吠ゆ

2009-10-17

[][][]ジャック・ヨーヴィル『シルバーネイル』HJ文庫 ホビージャパン 21:11 はてなブックマーク - ジャック・ヨーヴィル『シルバーネイル』HJ文庫 ホビージャパン - 蜀犬 日に吠ゆ

 第四作読了。

 短編集

  • 第一話「赤い渇き」(p7-)
    • クラエス・グリンカの道徳向上十字軍が大活躍
      • これはメディチ家と激しくやりあったサヴォナローラ的な事件をモチーフにしているのでしょうか。
    • ヴコティッヒは要塞都市ズァルフバルでとらえられて無明帝国(インビジブル・エンパイア)の陳奠(チン・ディェン)に引き渡される。
      • 明王朝大好きっ子(中華中毒者)は怒りますよ、これ。
      • 陳奠はキャセイ人と言うことですが、キャセイは普通に天津天帝(混沌のティーンチ神)の国家でいいのでしょうか。やたら故郷のパゴダ(チベット仏教の仏塔)を思い出したり、猿王(モンキー・キング)というモンゴル的な王様の話題が出たりしますが、拳法を使ったりするんだよなあ。
    • ヴコティッヒはジュヌヴィエーブと鎖でつながれたまま囚人護送車から脱出。逃げ込んだ村でズァルフバルの軍務卿ヴラジスラーフ・ブラスコとティーンチ司祭エフィモヴィッチの関係を知る。
    • 陳奠は祖霊を呼びだして使役し、ヴコティッヒとジュヌヴィエーブに警告する。
      • うぎゃー。祖霊を使役だなんて、儒教の道徳を根本から引っ繰り返すようなことを! ティーンチ許すまじ。
    • 陳奠は用済みになったクラエス・グランカをティーンチに捧げることにし、またジュヌヴィエーブには「木火土金水」の五大精霊を刺客として送り込む。
      • 仏教だと「地水火風空」なのでこれでよし。
    • ジュヌヴィエーブは魄(ポー)老師からとんちを授かっていたので五大精霊を「チビ黒サンボの術」で撃退。
      • 相生相克に則ったステキ設定。
      • 長生きはするものです。あと、中国拳法も授かっていたのでずるい。
    • 影の湖のほとりで、ブラスコによる道徳向上決起集会が開かれる。陳はグリンカを殺すためドラゴンの気を身にまとう。
    • ブコティッヒとジュヌヴィエーブがドラゴンを殺す。陳は翼を生やして飛び去る。
      • 戦隊ものの幹部のようですね。しかし列席のお歴々は陳の存在をみたはずなのに、のちの「獣(ビースト)事件」の頃にはまた陳がキャセイ大使になりすましてエンパイア宮廷に入りこむのを許してしまうのです。どんだけぬるいのでしょうか。
  • 第二話「灰色山脈にもう金はない」(p109-)
    • 灰色山脈の金鉱から荷物を運び出す馬車を専門に襲うランプレヒト一味の物語。
    • 馬車を襲ったら金はなくて、しかたなく殺し損ねた上流階級っぽい少女の誘拐に仕事を切り替える。
    • 犯行声明を出すにせよ少女を捜索するものを待つにせよ、とりあえず今晩はドラッケンフェルズ城に緊急避難しなければならない。
    • 全滅。やっぱり。
  • 第三話「もの知らぬ軍勢」(p150-)
    • ヨハンは混沌の騎士シカトリスに連れさらわれた弟ウルフを十年近くも追ってキスレヴの北、混沌の荒れ野に入りこむ。
      • ヨハンとウルフの話は「獣」の時も出て来て、ウルフは結局なんなのかわからん奴でしたね。
    • 随行するものも旅の途中で力尽き、いまや老練な傭兵ヴコティッヒのみ。
    • クレインザックが村長を務める村に到達。
    • 混沌の荒れ野で戦いに敗れたシカトリスに会う。
      • バトルの跡地にロールプレイがやって来たような感じ。投げナイフではエンパイア・アーミーのドワーフキャノンに勝てませんよね。
    • シカトリス死亡。殺害したウルフが新しい混沌の将帥となる。
      • バトルにいっちゃだめだ、ロールプレイにもどってくるんだ!
    • 夜、村を襲うウルフとヨハンが対決。ヴコティッヒの穢れない血がウルフを癒やす。
  • 第四話「ウォーホーク」(p221-)
    • ドラッケンフェルズの邪悪に呑み込まれたソルカン導師ベルナベ・シャイトの頭蓋骨を割り、脳髄を千切ったことでおなじみ*1のウォーホーク事件の担当に「ダーティ」ハラルドが任され、「サイコメトラー」ロザンナとのコンビも復活。
    • ウォーホークとは、「ヴァスタリエンの征服者」に参加した英雄であることを突き止めたハラルドはおなじ英雄の生き残りで帝国反逆罪を犯しマンドセン城砦にとらわれているシュティーグリッツに面会を求めるが、面会中にウォーホークが乱入し、シュティーグリッツ死亡。
      • 「囚人は臭いなあ、窓を開けろ」あたりがわざとらしい。これじゃ「うっかり」ハラルドです。
    • 捜査が進展しないのでハラルドはうさ晴らしに、百件酒場通りを壊滅させる。
      • 疲労や苦痛を麻痺させる「悪魔の粉」ブーストがあるにせよ、強すぎ。そして、面白すぎ。
    • ウォーホークを特定してみれば、それはキチガイでした。
      • 猟奇連続殺人の犯人はキチガイでした……こういうのもミステリの禁止事項にすべきでは?
  • 第五話「吸血鬼戦争ふたたび」(p314-)
    • 帝都アルトドルフでジュヌヴィエーブとデトレフ・ジールックが再会。
    • アルトドルフではアンティオコス・ブラントが吸血鬼撲滅のため公衆衛生法第十七条項を議会で遠し、「不死者に死を」のキャンペーン中。
      • 道徳向上十字軍といい、こんなのばっかりですな。
    • カラク=ヴォルンの吸血鬼ヴィーツァック男爵はブラント暗殺を目指し刺客を派遣すると吸血鬼集会で宣言。
    • レディ・メリッサはそれがふたたびの吸血鬼戦争の引き金になることを恐れ、ジュヌヴィエーブをブラントの護衛にもぐり込ませる。
      • しかし、愛称ティオ・ブラントが吸血鬼を撲滅というのはねえ。ヨーヴィル先生、狙っているとしたらすごすぎ。
      • あと、パロディとして出て来たのは。
        • 三匹の子ばかというドワーフコメディアンズ。→こぶた。
        • 宿無しドワーフが永い眠りについたメリッサのために王子様を用意→白雪姫
        • 雪の中の孤児→星の金貨? マッチ売りの少女?
        • 真夜中の死→フランダースの犬? クリスマス・カロル?
    • ジュヌヴィエーブは少なくとも蟷螂拳と竜爪拳は使える。ドラゴン・ファング!
    • 犯人を突き止めてみれば女。
      • シルバーネイルとは、対吸血鬼用の隠し武器となる銀のつけ爪。

*1:「流血劇」『吸血鬼ジュヌヴィエーヴ』所収