蜀犬 日に吠ゆ

2009-10-27

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』1 角川つばさ文庫(その3) 23:50 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』1 角川つばさ文庫(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

パーティメンバー(登場順)

  1. フリント・ファイアフォージ
    • ドワーフ。以上。
      • しかし、フリントといえば『宝島』のフリント船長。それが、ドワーフとは。
  2. タニス
    • ハーフ・エルフ。「〈大変動〉後の混乱期に、クリンでは異種族間の戦争が頻発したが、その中で、彼のエルフの母親は人間の戦士の子を無理やり産まされたのだった。」ダーク・ファンタジーですなあ。
      • タニスといえばタニス・リーに引っかけてダークなのでしょうか。
    • リーダー(コーラー?)。責任感と友への信頼が篤い。
  3. タッスルホッフ・バーフット
    • ケンダー。要するにホビット。
      • この、「恐怖を知らないコミックリリーフ」というのが結構嫌いなキャラなんですよね。プレイするときはノリノリなのですが、ようするに頭を使っていないわけですから、楽しみの本質を始めから失っている。
    • マッパー。これはいい役割分担。
  4. キャラモン
    • お金を儲けたランスターのようにでっぷりと太った戦士。逆か*1
    • レイストリンの双子の兄。
      • 双子だったのか。
  5. レイストリン
    • キャラモンの弟。
      • 金属めいた肌、肉が無く骸骨のような顔、砂時計のようにくびれた瞳の魔術師。
    • 魔法使いの長パ-=サリアンに選ばれて〈大審問〉を通過した上位魔法の使い手。杖は〈マギウスの杖〉。
  6. キティアラ
    • 名前だけで登場しない。
      • タニスの憧れの人。
  7. スターム
    • 〈薔薇勲爵士団〉、ソラムニアの騎士。プレート・アーマーにチェイン・メイルの重装備。
      • 歩けるのか?
  8. ゴールドムーン
    • 平原民の族長の娘。
    • リヴァーウィンドといい仲
  9. リヴァーウィンド
    • 平原民の戦士。
    • ゴールドムーンといい仲

 そうすると

 前衛型:フリント(ドワーフ)、キャラモン(戦士)、スターム(騎士)、リヴァーウィンド(戦士)

 中衛型:タニス(射手)、タッスル(スリンガー)

 後衛型:レイストリン(魔術師)、ゴールドムーン(貴族)


 平原民の二人について、ゴールドムーンが歌う。

 ゴールドムーンは、ひとり老人のためだけに歌った。

草原ははてしなく、

夏は歌い続ける。

王女ゴールドムーンが愛したのは、

貧しい男の息子。


彼女の父は一族の頭、

二人の間に千里の道をおいた。

草原ははてしなく、夏は歌い続ける。


草原はざわめき、

緑の空がくもる。

族長はリヴァーウィンドを旅立たせる。

東へ、そのまた東へ。


朝の唇にあるという、

強き魔法をたずねよと。

草原はざわめき、緑の空はくもる。


ああリヴァーウィンド、あなたはどこに。

ああリヴァーウィンド、秋が忍び寄る。

わたしは川辺にすわり、

日の出に待つ。

でも太陽が山並に昇るばかり。


草原はあせてゆき、

夏の風はもう吹かない。

彼は帰ってきた。

石の暗さを瞳に宿して。


その手に持つ青き杖は、

氷河のように冴えわたる。

草原はあせてゆき、夏の風はもう吹かない。


草原ははかなく、

炎のように黄ばんでしまった。

一族の頭はあざける、

リヴァーウィンドの願いを、


一族の頭は命じた、

若き戦士に石打ちの刑を、

草原ははかなく、炎のように黄ばんでしまった。

草原は色あせ、

秋がここに訪れた。

娘は恋人のかたわらに行き、

石がうなりをあげて飛んできた。


杖は青く燃えあがり、

二人はともに消え失せた。

草原は色あせ、秋がここに訪れた。

ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス 廃都の黒竜』上 角川つばさ文庫

 いわゆるパーティー内恋愛というやつである。

 まったくなにをやっているのやら……

*1:お金を儲けたランスターがキャラモンのようにでっぷりと太っちゃったのです。