蜀犬 日に吠ゆ

2009-11-19

[][][][]郷党第十を読む(その16) 21:11 はてなブックマーク - 郷党第十を読む(その16) - 蜀犬 日に吠ゆ

色すれば斯に挙る

 郷党第十(236~253)

253 色斯挙矣。翔而後集。曰。山梁雌雉。時哉時哉。子路共之。三嗅而作。

(訓)色すれば斯に挙る。翔(かけ)りて後に集(と)まる、とあり。曰く、山梁の雌雉(しち)、時なるかな、時なるかな、と。子路これを共せしに、三たび嗅いで作(た)ちたりき。

(新)古語に(雉の用心深さを歌い)気配に感じて舞い上ったが、空をひとまわりして後、おり立った、とある。孔子がこれを説明して、山間の懸け橋にとまりたる雌雉に、時期が大切だぞよ、時期を誤るな、と教えようとした詩であるぞ、と言った。この孔子の言は子路が雌雉の肉を供した時に発せられたもので、孔子はこのように言った後、子路の厚意を無にせぬため、三度嗅いだ後に席を立った。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 子路が雉肉を提供したタイミングが悪かったのでしょうか?


 あと、『論語』の文章というのはたいてい時系列が入れ替わる事がないので、(そもそも)「この孔子の言は子路が雌雉の肉を供した時に」うんぬん、というのは、ちょっと無理を感じないでもありません。


 要するにこの章はすこぶる難解。

金谷治『論語』岩波文庫

 というわけで、各先生の解釈を挙げておきます。


 驚いてぱっと飛びたち、飛びまわってからはじめてとまる。(先生はそれをみられると)いわれた、「山の橋べの雉も、時節にかなっているよ、時節に。」(鳥の動きに意味を認められたのだが、)子路は(時節の食べ物のことと誤解して)それを食前にすすめた。(先生は)三度においをかがれると席を立たれた。

金谷治『論語』岩波文庫

 金谷先生の解釈しか読んだ事がなかったころはこれであんまり疑問を持ちませんでしたが……

 山の橋の雌雉を孔子と子路で眺める、という状況も不思議ではあります。子路が食卓に出した雉は、その雉だったのでしょうか。

 以下の文を「子路がとらえようとすると(えさを与えると)、雉が三度羽ばたいて(においをかいで)飛びたった」とする解釈もあり、異説が多い。

金谷治『論語』岩波文庫

 めすの雉は、驚くと飛び去り、上昇して何度も飛び回り、(様子をうかがって安心と見ると、)そのあと静かに降りてくる。それを見ておられた老先生はこうおっしゃられた。「丸木橋にいた、あのめす雉は(時機を心得ておる。)時だな、時だな」と。すると子路は(食べごろの(時)と勘違いして)そのめす雉を捕らえて、調理して先生にお出しした。老先生は(それは自分の本意ではない。時機を知ることを褒めたのであるから、同義としてその雉を食べるわけにはいかない。かと言って、わざわざ捕らえて調理してくれた子路の気持ちを無にするわけにもいかない。そこで、やむをえず)何度も匂いを嗅いだあと起立されたのであった。

加地伸行『論語』講談社学術文庫

 金谷先生の解釈とほぼ同じ。雉はまさにその雉で、子路は散歩の時も弓矢を持ち歩いてそうですね。雉なら雉、猪なら猪、うっかり人でも指さそうものなら、街中でも射抜くのではないでしょうか。


 鳥が人の顔色の善くないのを見て飛び去り、翔り回ってつまびらかに視て後に下って止った。孔子がこれを見て感歎して、「山の橋の雌の雉は、翔るも集まるもその時を得ておる。」と曰われた。子路は孔子の意を知らないで、鳥の方に向ってこれを執(とら)えようとした。鳥は三たび鳴いて飛び作(た)った。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 この節は孔子が雉の翔るも集まるも時を得ておるのを美めたことを記したのである。朱子はこの節には脱落があるだろうと曰っている。

 この節には色々の解釈がある。朱子は己の意見を述べておらぬ。この節は他の節とは全く様子がちがうのであるが、この節を郷党篇の最後においたのは、孔子の一挙一動ことごとく時を得ていないものはないからであると説く人がある。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 子路はたんに孔子の話を聞いていなかった説。立ったのは雉。前半と後半が別の話、というふうにはならないものでしょうかね。


 上論最後のこの一条は、大変難解である。この郷党一篇は、これまでも見て来たように、孔子の実践生活を記録してきたのに、この一条のみは、何にしても、性質のちがった記載である。そのことがまず、理解しがたいし、その内容は、一層難解である。朱子が、この一条はきっと不完全なのであろうというのは、なかなかに正直な見解である。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 要するによく分からない、謎のような章である。「論語」二十篇の前半十篇、すなわちいわゆる上論は、この謎のような章で終っている。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書


 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』上論、孔子の平生の起居動作から言語衣服飲食に至るまで、詳細に記した「郷党」という第十章は終わる。