蜀犬 日に吠ゆ

2009-11-30

[][]自由は心の科学~~森博嗣『自由をつくる 自在に生きる』集英社新書 22:10 はてなブックマーク - 自由は心の科学~~森博嗣『自由をつくる 自在に生きる』集英社新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 森先生は「MLA」ばかり読んで小説にはほぼ興味がないのです。すみませんね。あと「変問自在」も読みました。

自由をつくる 自在に生きる (集英社新書)

自由をつくる 自在に生きる (集英社新書)

 で、森先生いつものはなし。

 さて、そもそも自由とは何なのか?

 辞書を引いてみよう。この言葉の意味を知らない日本人はいないと思う。英語では、freeやfreedomである。freeは「無料」の意もあって、つまりは(お金を払うなどの)「制限を受けないこと」を示す。日本語の「自由」は、英語とは本来ニュアンスが違っていて、「自在」に近いようにも思う。すなわち、「思うがまま」という意味だ。「剣豪が刀を自由に扱う」というふうに使われる。

森博嗣『自由をつくる 自在に生きる』集英社新書

 まさにこのとおりで、自由というのは、「空を自由に飛びたいな」「飛べばいいじゃん」の世界であるべきでしょうね。それを、「私が空を飛べないのは誰それのせいだ! 誰それが悪いから私は飛べないのだ!」的な無駄事を主張する人がいて、私などは辟易する。飛びたいなら飛べばいいし、現代日本て、人類の歴史の中でもかなり自由に近いと思います。


 本当に自由になるためには、科学を自分の物にしなければならない。

仏教は心の科学  (宝島社文庫)

仏教は心の科学 (宝島社文庫)