蜀犬 日に吠ゆ

2009-12-16

[][]34 糧を求める 20:48 はてなブックマーク - 34 糧を求める - 蜀犬 日に吠ゆ

34 糧を求める(喫糧)

 孔子が陳の国で兵糧攻めにあい給い、弟子の顔回に回々(ホイホイ)国(アラビア)に糧を借りに行くよう命ぜられた。彼の名とその国号と同じ好(よし)みで、同情を寄せてくれるだろうと期待されたからである。ところが行ってその旨を通じると、かの国では大いに怒って、

「なんじ孔子は夷狄を攘(はら)わんと欲し、われら回々を怪しんでいる。現にお前のことさえ罵って『回の人と為りや択(ツェイ)(賊)か』といった。糧は断じて与えるわけに行かぬ」

 との返事に、顔子はべそをかいて帰って来た。

 すると子貢が自分をやって下さいと申し出た。自分はかねて彼らのごきげんを取って、「賜(子貢の名)や何ぞ敢て回々(ホイホイ)を望まん」といつもいっているから大丈夫だというのだ。果たして回々国の人々は大いに喜んで、とりあえず白米一担を持ち帰らせ、あとからどんどん送ってあげますと約束してくれた。子貢が帰ってそのことを孔子に述べると、孔子は眉を寄せていわれた。

「糧は一担かたり取ったが、ただ文理が通ぜぬぞ」


 注 『中庸』の「回の人と為りや中庸を択えべるか」および『論語』の「賜や、何ぞ回(顔回)を望まん」の語をかけている。

馮夢竜撰・松枝茂夫訳『笑府』中国笑話集(上) 岩波文庫1983

 一を聞いて十を知るにはこんな深謀遠慮が。やっぱり子貢はすごいッス。


 それと、回々国は回紇(ウイグル)だと思うので、イスラムつながりですが大食(タージ)で表記されるアラビアとは別物ではないかと愚考します。

全訳 笑府―中国笑話集〈上〉 (岩波文庫)

全訳 笑府―中国笑話集〈上〉 (岩波文庫)