蜀犬 日に吠ゆ

2009-12-24

[][]河田清史『ラーマーヤナ』下 レグルス文庫 第三文明社(その2) 21:39 はてなブックマーク - 河田清史『ラーマーヤナ』下 レグルス文庫 第三文明社(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

ラーマーヤナ―インド古典物語 (下) (レグルス文庫 (2))

ラーマーヤナ―インド古典物語 (下) (レグルス文庫 (2))

  • 六の巻
    • 猿の大群
      • キシキンダーの猿王スグリーバはインド最南端カンヤ・クマリ(いまのコモリン岬)への進軍を宣言する。
      • 最南端のコモリン岬の先は、インド洋。そこを飛んで渡ることができる猿は二、三人しかいない。ラーマはランカへ橋を架けることを決める。
      • 知恵ある熊猿ジャンバーンは橋を架けるには十年かかる、それでは士気がもたないと反論する。
      • ラーマは二年で橋を架ける作戦があるとみなを説得する。
        • 時の流れが悠久すぎます。シータがさらわれてからどのくらいの年月が流れたのか分かりませんが、さらに二年とは。しかも、ラーマはさらに城の包囲戦が十年かかると予測。
      • ラーマは祈りの力ですべての四足動物と鳥、太陽、月、四季の季節を味方につけて、橋を架ける。
    • ランカの包囲
      • ハニュマーンは軍使としてラーバナの宮廷に行き、シータ返還を要求する。
      • 天人である弟ビビシャナはラーバナに要求受け入れを提案する。ラーバナは怒ってビビシャナをあしげにしたので、ビビシャナはひとりラーマ陣営に降伏する。
    • 強敵インドラジッド
      • ラーバナの子インドラジッとは、夜のうちに森の動物を生贄にして魔法の祈りを行い、朝になると雲の中にかくれて地上のラーマ軍に矢をいかける。
        • 「たちまちとげをつけた毒蛇のような矢が、猿軍のうえにおちてきて、猿はばたばたたおれました。」
          • 「インドラジットの矢」? えーと、大佐の台詞は……
            • 「旧約聖書にもある、ソドムとゴモラを亡ぼした天の火だよ……。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね。全世界は再び、ラピュタの下にひれ伏すことになるだろう……」ちがった。
      • ラクシマナは「魔法破りの矢」を雲の中に放つも、雲が消えただけでふたたび湧き上がる「雲のなかから毒のついた矢が雨あられとふってきました。猿軍はばたばたとたおれます。」
      • ラクシマナの報告にビビシャナがそれは「ニクムビラの魔法」であると気づきます。ニクムビラの魔法は、インドラジットが神がみと戦ったときにも使われた魔法で、「神がみの大将のインドラの神とたたかい、うちまかしてしまったのです。それからは、かれのことをインドラを征服したもの、つまりインドラジットとよぶようになりました」
      • インドラジットの魔法は夜になると使えなくなり、また三日間しか効果がない。ラーマ軍は一度退却することにする。
      • しかし、軍を引き上げる前に、「目には見えぬ死の矢」がラクシマナを突きたおす。
      • ラーマは怒りにもえ、三本の矢で応戦する。最初の矢はインドラジットの雲に火をつけ、二番目は蛇のように空をまわり、あたらしく雲ができかかるとそれを消し去る。三本目の矢で天と地の間に夜空がひろがり、インドラジットは退散する。
      • 知恵の神の化身、熊猿ジャンバーンはラクシマナを診察し、ヒマラヤ山のガンダーマダン(いまのエベレスト山)の峰から白百合の草を取って汁をからだにぬることができたら助かる、という。期限は明朝まで。ハニュマーンがヒマラヤ山に飛ぶ。
      • 白百合を手に入れたハニュマーンは帰り道、水平線のはてにのぼってくる太陽を小脇に抑え込んでラーマの元に戻る。ハニュマーンが太陽を抑えているうちに、ラーマがラクシマナを蘇生させる。

前の感想

下巻その1

上巻の感想

上巻その1

上巻その2

上巻その3

上巻その4