蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-05

[][][]蛇の章を読む(その4) 19:40 はてなブックマーク - 蛇の章を読む(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


第一 蛇の章

一、蛇

一四 悪い習性がいささかも存することなく、悪の根を抜き去った修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。――蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


一五 この世に還り来る縁となる(煩悩から生ずるもの)をいささかももたない修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。――蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


一六 ひとを生存に縛りつける原因となる(妄執から生ずるもの)をいささかももたない修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。――蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


一七 五つの蓋(おお)い*1を捨て、悩みなく、疑惑を超え、苦悩の矢*2を抜き去られた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。――蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 すこし具体的な話になってきましたでしょうか。

 五つの蓋いというのは、註によれば、「漢訳仏典では「五蓋」と訳される。貪欲と、いかりと、こころのしずむこと、こころのそわそわすることと、疑いとをいう」のだそうで、註がなければ絶対わからないではないですか。

 一五句で「輪廻転生の苦しみ」が描かれますが、煩悩を捨て去ることができれば、その苦しみも苦しみではなくなるのではないかなあ、とか何とか余計な想像ばかりしてしまいます。

*1:訳者註:「漢訳仏典では「五蓋」と訳される。貪欲と、いかりと、こころのしずむこと、こころのそわそわすることと、疑いとをいう。

*2:訳者註:欲情(raga)、嫌悪(dosa)、迷妄(moha)、高慢(mana)、悪い見解(ditthi)の五つを言う。