蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-15

[][][]蛇の章を読む(その10) 22:50 はてなブックマーク - 蛇の章を読む(その10) - 蜀犬 日に吠ゆ


犀の角のようにただ独り歩め

第一 蛇の章

三、犀の角

四五 葉の落ちたコーヴィラーラ樹のように、在家者のしるしを捨て去って、在家の束縛を断ち切って、健(たけ)き人はただ独り歩め。

四六 しかしもしも汝が、(賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者)を得ないならば、譬えば王が征服した国を捨て去るようにして、犀の角のようにただ独り歩め。

四七 われらは実に朋友を得る幸せを讃(ほ)め称える。自分よりも勝れあるいは等しい朋友には、親しみ近づくべきである。このような朋友を得ることができなければ、罪過(つみとが)のない生活を楽しんで、犀の角のようにただ独り歩め。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 註

 インド思想は西洋の思想や他の東洋諸国の思想に比べて若干の著しい特徴を示しているが、その一つは内向的・内省的であるということであろう。ひとり沈思して自己を反省し、人間主体の深奥に入り込み、直観的に絶対の主体を把捉しようと努める。そこにおいては当然、対象論理とは異なった論理が開かれることになる。そうしてこのような思惟方法は、ややもすれば人間の社会性に関する自覚を稀薄ならしめ、人間はむしろ孤独を楽しむに至る。この思想的特徴の現れ出た理由についてはいろいろ考えねばならぬが、ともかくインドの風土に即した生活から解明されるべきであろう。

 ギリシア人の伝えるところによると、すでに最古代において、インドの農業生産は、さほど労働力を必要とすることなしに、極めて安易に行われた。夏季に河水が氾濫すれば、その程度はちょうど農作物の播種・成長に適当であり、特別の灌漑設備をも、播種後の移植をも必要としなかった。収穫も一年に二度可能であった。加うるに、適度の氾濫は、土地を肥沃ならしめ、また酷熱の気候は、農作物の成長を迅速ならしめる。

 インドのこのような風土においては、農業生産のために人々が労働の共同を行う必要が乏しい。またインドにおいては、衣服と住居に関しても、他の諸民族のように積極的に外的自然にはたらきかけて、努力する必要が少い。しからば、このような社会生活においては、各個人の生活の、他人への依存度が少いわけである。そこでは各個人の生活が孤立的となる傾向がある。インド人は孤独を楽しむ。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 なので、すべてを捨てて孤独に生きることが称讃される、のでしょうか。

 しかし、キリスト教修道士やイスラムのスーフィーなどの文明と比較して、苛酷な自然のなかでもやはり、求道者は孤独なのではないでしょうか。

 いけませんねえ。まだ師ブッダの魔法が私の心に効いてきません。疑念というか妄念がすぐにわき出してしまいます。