蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-18

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』3 角川つばさ文庫(その3) 21:35 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』3 角川つばさ文庫(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

  1. 奴隷護送隊 不思議な老魔術師
    • 一行とギルサナスは檻車に入れられ、パックス・タルカスの鉱山に送られることになる。
    • エルフの脱出を手引きした鍛冶屋のテロスをゴールドムーンが癒やす。
    • ゴールドムーンの目標は「指導者」を探すこと。
    • 魔法使いフィズバンが捕らえられ、車に乗せられて一向に合流する。
      • フィズバンはfizz-bang。(じゅう、ぼんという擬音。)
  2. 救出! フィズバンの魔術
    • エルフの救出隊が奴隷護送隊を急襲。
    • フィズバンが火の玉(ファイヤーボール)で檻を壊す。
      • D&Dでいうなら(ドラゴンランスはAD&Dなのだそうで、そっちはわかりません。)、第3レベル。称号は霊能者(コンジャラー)以上ということになりますね。
    • エルフの森に連行される。
  3. (太陽の評議長)
    • エルフの都クォリノストにたどりつく。
    • 都の中心(太陽の塔)でエルフの王と会う。
    • エルフは、ドラゴン軍の進撃によりクォリノストを放棄することを決めている。
      • エルフの永遠を信じていたタニスは衝撃を受ける。
    • 太陽の塔で、ギルサナスがパックス・タルカスの襲撃に失敗したこと、ソレースはドラゴン卿ヴェルミナァルドによって滅ぼされたことを報告する。
    • ミシャカルの癒し手ゴールドムーンを、評議長ソロスタランははじめ認めないが、メダリオンの力を浴びて信じるようになる。