蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-24

[][]ただ狂へ~~『歌謡Ⅱ 閑吟集』観賞日本古典文学 角川書店 21:03 はてなブックマーク - ただ狂へ~~『歌謡Ⅱ 閑吟集』観賞日本古典文学 角川書店 - 蜀犬 日に吠ゆ

小 何せうぞ くすんで

  一期は夢よ ただ狂へ(五五)

新間進一 志田延義編『歌謡Ⅱ 梁塵秘抄 閑吟集 他』観賞日本古典文学15 角川書店

 冒頭の「小」は小歌であることの記号。仏教の無常観を、日本人が半端に解釈するとこうなります。角川のこのシリーズは抄録、ではなく本文をおろ抜いて編者の解説が中心の「読み物」なのですが、逆にテーマ毎になっていますので、読むのに便利。以下記号を省略して無常の小歌を列挙。

 年々に人こそ旧りてなき世なれ 色も香もかはらぬ宿の花ざかり かはらぬ宿の花ざかり たれ見はやさんとばかりに 又めぐりきて小車の 我とうき世にあり明の つきぬや恨みなるらしむ よしそれとても春の夜の 夢のうちなる夢なれや(一三)


 神ぞ知るらん春日野の 奈良の都に年を経て 盛り深けゆく八重桜 盛り深けゆく八重桜 散ればぞ誘ふ誘へばぞ 散るは程なく露の身の 風を待つ間の程ばかり 憂きこと繁くなくもがな 憂きこと繁くなくもがな(二八)


 世間(よのなか)はちろりに過ぐる ちろりちろり(四九)


 何ともなやなう 何ともなやなう 浮世は風波の一葉よ(五〇)


 何ともなやなう 何ともなやなう 人生七十古来稀なり(五一)


 ただ何事もかごとも 夢幻や水の泡 笹の葉に置く露の間に あぢきなの世や(五二)


 夢幻や南無三宝(五三)


 くすむ人は見られぬ 夢の夢の夢の世を 現顔(うつつがほ)して(五四)


 思ひまはせば小車の 思ひまはせば小車の わづかなりける浮世かな(六三)


 夢の戯れいたづらに松風に知らせじ 槿(あさがほ)は日に萎れ 野艸(のぐさ)の露は風に消え かかる儚き夢の世を 現(うつつ)と住むぞ迷ひなる(九五)


 ただ人は情あれ 槿(あさがほ)の花の上なる露の世に(九六)


 来ぬも可なり 夢の間の露の身の 逢ふとも宵の稲妻(一三九)


 思へば露の身よ いつまでの夕べなるらむ(一五四)


 世事(せいじ)邯鄲枕(かんたんノまくら) 人情(じんせい)灔澦灘(えんよノなだ)(一七三)


 憂きも一時(ひととき) 嬉しきも 思ひ醒せば夢候(そろ)よ(一九三)


 篠の篠屋の村時雨 あら定め無の 憂き世やなう(一九五)


 世間(よのなか)は霰よなう 笹の葉の上の さらさらっと 降るよなう(二三一)


 凡そ人界(にんがい)の有様を しばらく思惟して観れば 傀儡(くわいらい)棚頭(ぼうとう)に彼我をあらそひ 真いづれの所ぞや 妄想(まうざう)顚倒(てんだう)夢幻の世の中に 在るを有るとや思ふらん(二三二)


 夢通ふ道さへ絶えぬ呉竹の 伏見の里の雪の下折れと 詠みしも風雅の道ぞかし げに面白やわか竹のはる竹の簓(ささら)ならば 夢の通ひ路絶えなまし 千秋万歳(ばんぜい)の栄華も 破竹の内の楽しみぞ あぢきなの憂き世や 夢さへ見果てざりけり(二五〇)

新間進一 志田延義編『歌謡Ⅱ 梁塵秘抄 閑吟集 他』観賞日本古典文学15 角川書店

 拗ねたものですねえ。