蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-27

[][]柴田宵曲『蕉門の人々』岩波文庫 21:57 はてなブックマーク - 柴田宵曲『蕉門の人々』岩波文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

俳諧随筆蕉門の人々 (岩波文庫 緑 106-2)

俳諧随筆蕉門の人々 (岩波文庫 緑 106-2)

 パラパラめくって、目を疑い、そのあと笑ってしまった一節。

一笑

 笠ぬげて何にてもなきかゞしかな 一笑

 一笑にこの句のあることは『西の雲』によってはじめて知り得たのであるが、どういうものかこれと同調同想の句がいくつもる。

 笠ぬげておもしろもなきかゞしかな 舎羅

  訪河尾主人

 笠ぬいで面目もなきかゞしかな 風草

 笠とれて面目もなき案山子かな 蕪村

 三句の中では舎羅が一番早いが、それも元禄十五年の『初便(はつだより)』に出ているものだから、一笑の句からいえば、後塵を拝したことになる。案山子に笠はつきものであるにしても、どうしてこんなに同想同調が繰返されたものか、全くわからない。風草、蕪村の二句に比すると、舎羅の句は擬人的色彩が乏しいように思ったが、一笑の句は更に淡泊である。しかしこの句が出て来た以上、何人も一笑が先鞭を著けた功を認めなければなるまいと思う。

柴田宵曲『蕉門の人々』岩波文庫

 俳句って、50^17でしょう? 季語だなんだと制約があれば、どうしても被る作品があると思っていました。その実例をこんなところで見るとは。もちろん「俤」は考慮の外としても、こういうことって、やっぱりあるんだなあ、と。