蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-29

[][]村上春樹 柴田元幸『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』文春新書 19:44 はてなブックマーク - 村上春樹 柴田元幸『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』文春新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書)

翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書)

 今週の初めから、ホールデンのことを考えていました。

 もちろん、村上柴田両氏の語るところのホールデンではありますが、サリンジャー氏はホールデンに何かを詰めこむことはできず、むしろホールデンを通してあふれ出てくるものによってサリンジャーになってしまったかのようです。

『キャッチャー・イン・ザ・ライ』訳者解説

サリンジャーは激怒し、(略)そして地所のまわりに高さ二メートルの塀を巡らせ、人が入ってこられないようにしてしまった。そのようにしてサリンジャーは、期待していた田園生活の無垢さにさえ裏切られ、急速に孤立した生活に入りこんでいく。イノセンスへの強い憧憬と、その憧憬が裏切られたときの激しい絶望という対比が、かれの人生の一つの重要な命題となっていく(略)

村上春樹 柴田元幸『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』文春新書
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』訳者解説

 それからあとのサリンジャーの生活は、もはや伝説・神話の領域に入ってしまう。彼は一九五五年に、ラドクリフ大学の学生であったクレアという女性と結婚し、その後二人の子供をもうけるが、クレアは孤立した生活の中で精神に変調をきたし、家を出て、一九六七年に正式に離婚する。サリンジャーが人前に出ることは稀になり、発表する作品の量はしだいに少なくなり、やがて一九六五年を境にばったりと途絶えてしまう。写真さえ――非公式な「スクープ写真」を別にすればだが――公表されることはなかった。彼は住居から四百メートルばかり離れたところにある、コンクリートで造られた小要塞のような建物の中にこもって、日々休むことなく小説を執筆しているが、書かれたものが活字になって発表されることは一切ない。何人かの証言によれば、彼は今でも、いったん書き始めると十五時間か十六時間は休みなく執筆を続けているということだ。執筆が佳境に入ると、母屋に帰ってくることもなくなってしまう。小屋に泊まり込んで、一人で簡単な食事をとる。

村上春樹 柴田元幸『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』文春新書
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』訳者解説

一九六五年以降、彼がまともなものを書けなくなってしまったのか、あるいは書いてもただ発表しないだけなのか、それは誰にもわからない。サリンジャーも自分の執筆活動に関してはまったく口を閉ざしている。人びとは様々な意見を述べるが、結局のところどれもすべて、伝聞か推測に過ぎない。伝説のひとつによれば、彼の書斎には十数冊の長編小説の完成原稿が積み上げられているということである。

村上春樹 柴田元幸『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』文春新書

 こういう無根拠な伝説は楽しいですね。

 サリンジャーの話を読んだのでサリンジャーのことを思い出し、村上訳の『キャッチャー』も、確かどこかにあるはずで、読んだはずですが全然覚えていないので、また見つかったら読み返したいですね。