蜀犬 日に吠ゆ

2010-02-02

[][]劉伶の話~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 20:36 はてなブックマーク - 劉伶の話~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 わたくし母里が尊敬する劉伶の事蹟を書き留めておきます。

中国古典文学大系 (9)

中国古典文学大系 (9)

 『世説新語』より

任誕篇 第二十三

 劉伶は二日酔いで、のどがひどくかわいたので、妻に酒を求めた。妻は酒をすて、酒器をこわし、泣きながら諫めた。

 「あなたはあまりにも飲みすぎです。養生の道からはずれています。どうぞ、きっぱり酒を断ってください」

 劉伶はいった。

 「たいへん結構だ。だが、わしは自分の力では禁酒できないから、ひたすら神に祈り、誓いを立てて断つよりほかはない。すぐ酒と肉とをととのえてくれ」

 妻は答えた。

 「かしこまりました」

 神前に酒肉を供え、劉伶に願をかけるようにうながした。劉伶はひざまずいて祝詞をあげた。

 「天は劉伶を生みたまい、酒をもって名を成さしむ。一たび飲めば一斛、五斗ならば悪酔いざまし。婦人の言は、心して聞くべからず*1

 そのあとすぐ酒を引きよせ肉を食い、陶然としてすっかり酔っぱらってしまった。

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 ブレがない。

任誕篇 第二十三

 劉伶はいつも酒に酔っぱらって奔放なふるまいをした。時には衣服をぬぎ裸になって家の中にいた。ある人がこれを見てそしると、劉伶はいった。

 「わしは天地をば家とし、家屋をばわが衣、わが褌*2と心得ている。諸君はなぜわしの褌*3の中に入りこんでくるのだ*4

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 まあ人からどう見られても気にしない人であったようです。

容止篇 第十四

一三

 劉伶身長が六尺どまりで、容貌はひどく醜くやつれていたが、ゆうゆうとして一切に無頓着であり、肉体を土木のように見なしていた*5

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

文学篇 第四

六九

 劉伶*6は「酒徳頌*7」をあらわしたが、それはかれの心意気を託したものであった。

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 文選に採られたのであれば立派なものです。まあそんな権威づけをしなくても、十分立派な人ですがね。

任誕篇 第二十三

 陳留の阮籍、譙国の嵇康、河内の山濤の三人は、いずれも年齢が接近しており、嵇康だけが若くてこれに次いでいた。かれらの交遊にあずかったものは、沛国の劉伶、陳留の阮咸、河内の向秀(しょうしゅう)、琅邪(ろうや)の王戎であった。この七人はいつも竹林のもとに集まり、心ゆくままに酒を飲んで楽しんだ。だから世にこれを竹林の七賢といった。

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 「清談」するわけですね。

賞誉篇 第八

二九

 竹林の賢人たちには、それぞれ俊才の子があった。 阮籍の子の渾(こん)は人物の規模が荘大であり、嵇康の子の紹は世俗を超えた清らかさと端正さをもち、山濤の子の簡は物事にこだわらず高尚素朴であった。阮咸の子の瞻は虚心平静で遠大の志をもち、その弟の孚(ふ)はさっぱりとして物にこだわりがなく、向秀の子の純と悌とはいずれも上品で清らかな趣があり、王戎の子の万子は大成の風格をもちながら不幸にして夭折した。ただ劉伶の子だけは世に聞こえるものがなかった。

 これらの子のうちでは、阮瞻がとびぬけて第一等に位するが、嵇紹や山簡もまた当世に重んぜられた。

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 というのも人徳ですなあ。とにかく、すべてがすばらしい、それが劉伶です。

*1:天は劉伶を…… 原文は「天は劉伶を生み、酒を以て名と為す。一飲一斛、五斗酲を解く。婦人の言は、慎みて聴く可からず」とある。」

*2:本文では「巾」偏。(母里による註)

*3:前註に同じ。(母里による註)

*4:わしは天地をば…… 原文は「我は天地を以て棟宇と為し、屋室をば褌衣と為す。諸君は何為(なんす)れぞわが褌中に入れるや」とある。

*5:ゆうゆうとして…… 原文は「悠悠忽忽として、形骸を土木にす」とある。「形骸を土木にす」は『荘子』大宗師篇のことば。

*6劉伶 字は伯倫。沛国(安徽省)の人。西晋の建威参軍となったことがあるが、生涯を酒楽のうちに送った。阮籍・嵇康と親交し、竹林七賢の一人。

*7:「酒徳頌」 酒の効用を讃美したもの。『文選』巻四十七に収められている。