蜀犬 日に吠ゆ

2010-02-05

[][][]蛇の章を読む(その27) 22:03 はてなブックマーク - 蛇の章を読む(その27) - 蜀犬 日に吠ゆ

かれを賤しい人であると知れ

第一 蛇の章

七、賤しい人

一三一 この世で迷妄に覆われ、僅かの物が欲しくて、事実でない事を語る人、――かれを賤しい人であると知れ。

一三二 自分をほめたたえ、他人を軽蔑し、みずからの慢心のために卑しくなった人、――かれを賤しい人であると知れ。

一三三 人を悩まし、欲深く、悪いことを欲し、ものおしみをし、あざむいて(徳がないのに敬われようと欲し)、恥じ入る心のない人、――かれを賤しい人であると知れ。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 註。一三一。

 人は何故嘘をつくのか? それは何者かを貪ろうという執着があるからである。人間が嘘をつくのは、特に利益に迷わされた場合が多い。保守的仏教では十の完全な徳(parami)を説くが、そのうちの第七として真実(sacca)を立てる。「たとい雷が頭上に落ちようとも、財宝などのために、利欲心などのために、知りつつも虚言をのべること(sampajana musavada)をしてはならない。あたかも暁の明星が、あらゆる時節を通じて、自分の行くべき路を捨てて他の路を行くことがなく、必ず自分の路をとって進むように、汝もまた真実を捨てて虚言を述べることがないならば、ブッダとなることができるであろう」(Jataka,Ⅰ、p.23)。事実を知らなかったために、偶然虚偽の申し立てとなったのは仕方がない。しかし意識して虚偽を述べてはならぬというのである。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 暁の明星(金星)は、中国では「惑星」とされますが、ジャータカでは「自分の路をゆくもの」なのですね。

一三二 卑しくなった――(略)

 これを後代の漢訳仏典では「不自讃毀他戒」(ふじさんきたかい)という。自分をほめて他人をそしってはならぬ、というのである。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

一三三 (略)

 恥じ入る心のない人――ahiriko anottapi. 後代のアビダルマ教学では、この両語の語義の相違が盛んに論議されるが、ここではhiri は「悪についてぞっと嫌悪すること」、ottapa は「悪について驚愕すること」と解していたようである(nassa papajjigucchanalakkhana hiri, na tato utasanato ubbegalakkhanam ottappan ti, Pj, 181)。