蜀犬 日に吠ゆ

2010-02-07

[][][]蛇の章を読む(その28) 19:50 はてなブックマーク - 蛇の章を読む(その28) - 蜀犬 日に吠ゆ

かれを賤しい人であると知れ

第一 蛇の章

七、賤しい人

一三四 目ざめた人(ブッダ)をそしり、或いは出家・在家のその弟子(仏弟子)をそしる人、――かれを賤しい人であると知れ。

一三五 実際は尊敬さるべき人ではないのに尊敬さるべき人(聖者)であると自称し、梵天を含む世界の盗賊である人、――かれこそ実に最下の賤しい人である。

 わたくしがそなたたちに説き示したこれらの人々は、実に(賤しい人)と呼ばれる。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 これも、不遇をかこつ師ブッダの、心の叫びが聞こえてきそうな言葉ですね。「僕が一番目ざめているのに、どうして世間はあんなインチキ宗教家ばっかり、ちやほやして!」

 註

一三四 ここで「目ざめた人」(buddha)は単数で示されている。この詩がつくられたころには、ようやく(当時としては)ただ一人であるブッダの権威が漸く確立したのであろう。

 仏弟子――仏弟子は、出家者と在家者と両者を含んでいた。ゴータマ・ブッダに帰依する人々は、古くはすべて弟子(savaka)と呼ばれたいた。その原義は、恐らく「教えを聞く人」という意味であったらしい。ゴータマの弟子のことを「仏弟子」(Buddha-savaka)、「仏の弟子」(Buddhassa savaka)、「等正覚者の弟子」(samma-sambuddha-savaka)、「ゴータマの弟子」(Gotama-savaka)などともいう。「教えを聞く人」(savaka)というときは、出家修行者を意味することもあったが、また在俗信者を意味することもあった。原始仏教聖典の古層においては在俗信者のことを「教えを聞く人」(savaka)と呼ぶことが非常に多い。これはジャイナ教における用例に一致するものであり、古い時代にはジャイナ教でも「教えを聞く人」(savaka)とは在家者(gihin)を意味するものであった。ジャイナ教で在家の弟子を savaka と呼ぶことは、仏典でも記されているが、それが仏教にとり入れられたのである。これはジャイナ教の場合と共通であり、恐らく仏教興起時代の一般宗教界で用いられていた呼称を、そのままとりいれたものであろう。ここでは出家修行者も在俗信徒も、ともに(「教えを聞く人」(savaka)の資格において)考えられている(中村『原始仏教の成立』二二七頁)。ところが後代の仏教では(小乗仏教でも、大乗仏教でも) savaka, sravaka とは「声聞」と漢訳され、小乗仏教教団の僧侶たちの意味になった。後代の仏教が、最初期の仏教徒はいかに異り、いかに変質したか、ということが、この点からも明らかであろう。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 ジャイナ教からの用語の借用というのは、意外に多い印象ですね。むしろマハーヴィーラ(ヴァルダマーナ)の方が、ウパニシャド界隈では幅を利かせていたのかもしれません。いやむしろ、セム型一神教のように、仏教がジャイナ教を換骨奪胎して作り上げた宗教……という話は聞いたことありませんものねえ。

一三五 尊敬さるべき人(聖者)――araha.

 盗賊――原語はパーリ語 cora である。尊敬されるに値しない人が尊敬を受けているのは、盗人だというのである。実に厳しい教えである。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 他人に厳しいですよねえ。羨ましがっていないで、師ブッダも布教に努めて欲しいものです。まあ、いままさに火に事えるバラモン・バーラドヴァージャに布教している最中なのですが、バーラドヴァージャさんも、こんな話(「おれが本当の「目ざめた者」で、他の奴らはインチキだ」)を聞かされて、返答に困ったのではないかと心配です。


[][][][]子路第十三を読む(その17) 19:50 はてなブックマーク - 子路第十三を読む(その17) - 蜀犬 日に吠ゆ

今の政に従う者は何如

 子路第十三(303~332)

322 子貢問曰。何如斯可謂之士矣。子曰。行己有恥。使於四方。不辱君命。可謂士矣。曰。敢問其次。曰。宗族称孝焉。郷党称弟焉。曰。敢問其次。曰。言必信。行必果。硜硜然小人哉。抑亦可以為次矣。曰。今之従政者何如。子曰。噫。斗筲之人。何足算也。

(訓)子貢、問うて曰く、何如(いか)なれば斯(ここ)にこれを士と謂うべきか。子曰く、己を行うに恥あり。四方に使いして君命を辱めず。士と謂うべし。曰く敢て其の次を問う。曰く、宗族、孝を称し、郷党、弟を称す。曰く、敢て其の次を問う。曰く、言うこと必ず信、行うこと必ず果。硜硜然(こうこうぜん)として小人なるかな。抑も亦た以て次と為すべし。曰く、今の政に従う者は何如。子曰く、噫、斗筲(とそう)の人、何ぞ算(かぞ)うるに足らんや。

(新)子貢が尋ねた。私どもはどのようにすれば求道の学徒たるの名に恥じないことになりましょうか。子曰く、自己の行為に全責任をもつ。外国に使いを出されて立派に使命を果すだけの力量をそなえる。それなら学徒と言ってよい。曰く、もう少し程度の低いところを教えて下さい。曰く、親族が口をそろえて孝行だといい、町内が一様に骨惜しみせぬと賞める人になることだ。曰く、もう一つ下の所を伺いたいと思います。曰く、言ったことは必ず守る。行うべきことに愚図愚図しない。大局的に見れば見識の狭い人間にすぎないが、それでもまだましな方と言えよう。曰く、現在の政治当局者はどの程度のでしょうか。子曰く、聞くだけ野暮だ。揃いも揃って小粒な帳面つけ役人で、問題にならぬ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 儒教は、若者達への教育を重要視しますから、身近で簡単なところから説明を始めて高尚な所へ向かいますが、この問答では、先に完成型をあげておいて卑近な方へ下がっていくという形式をとります。子貢が絡むとすこしひねった対話になるというのは、いつもの通り。

 廉恥心を持ち、外国でも君命に恥じない立ち居振る舞いができる、というのが士(というのは、君に事える立場の者、ということでしょうか)たるものの条件。それができないならば、せめて自分の家族や町内での評判のいい者、それでも無理なら、せめて約束を守り、自分の仕事は最後までやり、硜硜然(かたくるしい)のは小人と同じ、といったあたりを目指してはどうか、と。

 最後の床屋談義は、だからして「ワシを登用せんかい」ということになるのでしょうけれども、若い人たちがしっかりしていれば落ち着いて教育に腰を据えることも出来ましょうに、孔子お気の毒です。


必ずや狂狷か

 子路第十三(303~332)

323 子曰。不得中行而与之。必也狂狷乎。狂者進取。狷者有所不為也。

(訓)子曰く、中行なるものを得てこれに与(くみ)するにあらずんば、必ずや狂狷か。狂なる者は進んで取り、狷なる者は為さざる所あるなり。

(新)子曰く、欠点のない常識的な人間を見つけて仲間になることができなかったら、つむじ曲りか潔癖屋をさがすことだ。つむじ曲りは勉強するものだし、潔癖屋は欲望のために誘惑されることがない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 孟子による解説

巻十四 尽心章句下

三七

 万章問いて曰く、孔子陳に在(い)ませしとき、蓋(なん)ぞ帰らざる、吾が党の士は狂簡にして進取、其の初(志)を忘れずと曰(のた)まえり。孔子陳に在ませしとき、何ぞ魯の狂士を思いたまえる。孟子曰く、孔子は中道(中正の道をふむ人)を得て之に与(交)わりえざるときは、必ずや狂獧か。狂者は進んで取り、獧者は為さざる所あるなりと(曰まえり)。孔子豈(あに)中道を欲せざらんや、必ずしも得べからざるが故に其の次を思えるなり。

小林勝人訳注『孟子』下 岩波文庫

 つまり、中道の人などというのは滅多に会うことができないから狂狷をいうのであって、別に狂狷を褒めるとか、みなさん狂狷の人生を歩みましょう、とすすめているわけではない、とありがちな誤解に予防線をはります。というか、放縦な行いの言い訳にこの「狂狷」を使う人も、いたことでしょうね。

巻十四 尽心章句下

三七

敢えて問う、如何なれば斯(すなわ)ち狂と謂うべき。曰く、琴張(きんちょう)・曾晳(そうせき)・牧皮(ぼくひ)の如き者(ひと)は、孔子の所謂狂なり。何を以て之を狂と謂うか。曰く、其の志嘐嘐然(こうこうぜん)たればなり。「曰く、何を以て是れ嘐嘐たるか。(曰く)言(げん)行(おこない)を顧みず、行言を顧みずして、則ち古(いにしえ)の人古の人と曰うも、行何ぞ踽踽涼涼たる」。其の行を夷考(かんが)うれば(其の言を)掩(覆)わざる者なり。狂者又得べからずんば、不潔(不義の行ない)を屑(いさぎよ)(潔)しとせざるの士を得て之に与わらんと欲す。是れ獧なり。是れ又其の次なり。

小林勝人訳注『孟子』下 岩波文庫

 狂というのは、言っていることは高尚だが行動がそれに伴わない人間のことで、古の聖賢を慕っているものの、実際には踽踽涼涼(人に親しまず、人から親しまれない)ような人間のこと。獧は、不義の行いをしない子とだけに汲々とするような人間。そういう人間でも、まだ見所はあるし、自分が何をしているのかの自覚もないままのんべんだらりと人生を過ごしている人間よりはずっとましで、つきあう意味もある、ということでしょう。

 たしかに、この「一般人よりもまだまし」というニュアンスは難しいですね。狂とか狷とか、普通に迷惑な人たちもいますし、昨今では狷、つまり「悪いことをしない」ことに人の注目が高まりすぎて、いいことが出来ないような状態にある状況も、よく見受けられますから。