蜀犬 日に吠ゆ

2010-02-13

[][][][]子路第十三を読む(その22) 16:38 はてなブックマーク - 子路第十三を読む(その22) - 蜀犬 日に吠ゆ

善人が民を教うること七年

 子路第十三(303~332)

331 子曰。善人教民七年。亦可以即戎矣。

(訓)子曰く、善人が民を教うること七年ならば、亦た以て戎に即かしむべし。

(新)子曰く、善意の人が人民を指導すること七年にもなれば、戦争につれて行ってもぶざまな結果にならない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 「即戎」は「就兵」と解釈するそうです。

 「即戎」は、古注の包氏の説に、「即は就く也、戎は兵也」とあり、うち「兵」は軍事の意味であるから、二字は軍事に従事させる意味である。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 「亦」の字は、戦争に行かせること「もまた」できるよ、他のことをいろいろさせることもできるよ、という意味に単純にとりましたが、吉川先生ならびに仁斎はさらに解釈を深めます。

 ところで目をとめて読みたいのは、「亦た以って戎に即く可し矣」の「亦」の字であって、善人が人民を七年間教育すれば、戦争をさえ、させることができる、という語気のように、読める。もしその語気であるとするならば、戦争は原則として肯定されない反価値的な行動であるけれども、それにさえ、人民を従事させることができる、というふうに読める。少なくとも仁斎は、そう読んでいる。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 戦争という事態に陥っても取り乱さないように教育を行うことができる、ということでしょうか。


 「善人」は知者、賢人などと共に、仁者に次ぐ人格者であり、国を指導するもののことでしょう。善者とはすこしニュアンスを異にするようです。善人が国を治める、のではなくて民に教う、というところが、教育と政治を一体のものと見なした孔子の考え方が現れている部分だと思います。

 しかし、善人であっても、民を教えるのに七年をかけるというのですから、凡骨が民に教えるなどというのは、「民を知らしむべからず」で、できっこないほどに遠い道ですね。


教えざるの民を以いて

 子路第十三(303~332)

332 子曰。以不教民戦。是謂棄之。

(訓)子曰く、教えざるの民を以(ひき)いて戦う。是れ、これ棄つと謂うなり。

(新)子曰く、訓練しない人民を戦争に狩り出すのは、殺されにやるようなものだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 前章を受けての言葉であろうと思いますが、331と332をひとつながりにしている訳本がないことから、分けて考えるべきなのでしょうか。

 宮崎先生は、そのへんのところに思いをいたしたのか、前章で教うは教育のことでしたが、この章では軍事的な訓練のことと解釈しています。と思ったら、加地先生、吉川先生も軍事訓練の解釈でした。金谷先生は普通に教育のこととします。宇野先生は、少し言葉を増やしてですが、

 戦いは民の生死に関することであるから、平日これを教えて勇気あり且つ向う所を知らせておかなければならぬ。

宇野哲人『論語新釈』講談社現代文庫

 軍事訓練というよりは、軍国教育のような状況が想定されるようです。


 加地先生の説明。

 従来、「不教民(教えざる民)」を「教育のない民」と解釈してきた。しかし、前節の文との関係を考えると、この「教」は一般的教育ではなくて、軍事教育と解する。そうなると「民に戦いを教えざるを以てす」(民に軍事教育をしないことを政策とする)と訓(よ)んでもいい。

宇野哲人『論語新釈』講談社現代文庫

 戦争は、ない方がいいのですが現実には存在してしまう。教育の場で、そうしたことを避けてはいけない、という風に解釈することもできそうですね。


 しかしそうすると、前章の「善人民を教えて」というのも、さかのぼって軍事教練の話にできませんかね。善人が軍隊を仕上げるのには七年かかる、しかしファシストなら1年で精鋭を鍛え上げる、とかそういう風に。



 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』下論、前の十八章は多く政(まつりごと)を言い、十九章以後は多く学を言い、末の二章は政(まつりごと)をいう「子路」という第十三章は終わる。