蜀犬 日に吠ゆ

2010-03-15

[][][]抗金名将~~田中芳樹『紅塵』祥伝社文庫 21:44 はてなブックマーク - 抗金名将~~田中芳樹『紅塵』祥伝社文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 田中芳樹先生は岳飛が好きすぎですよね。まあ秦檜もひどいけど。

紅塵 (ノン・ポシェット)

紅塵 (ノン・ポシェット)

 抗金の名将である韓世忠の息子、韓子温の物語。韓子温は燕京に潜入して囚われの靖康帝(欽宗)に面会し、その脱出を図るも失敗。メインの話は完顔亮の親征を撃退する事なのですが、300頁の文庫本で、260ページくらいまで戦争が始まらないので読みながら心配してしまいました。

 要するに岳飛や韓世忠の話をしたいわけでしょう? それはそれで構わないのですが、韓子温があちこちで人と会うたびに「この将は……」という流れで事蹟を紹介する形式は、読んでいてもどかしかった。です。


 この作品では、田中先生「唖然」の語を多用しています。以前「憮然」でイチャモンをつけましたが、唖然のほうがずっといい。