蜀犬 日に吠ゆ

2010-03-18

[][][]蛇の章を読む(その39) 20:03 はてなブックマーク - 蛇の章を読む(その39) - 蜀犬 日に吠ゆ

アーラヴァカという神霊

第一 蛇の章

一〇、アーラヴァカという神霊

 わたくしが聞いたところによると、――あるとき尊き師(ブッダ)はアーラヴィー国のアーラヴァカという神霊(夜叉)の住居に住みたもうた。そのときアーラヴァカ神霊は師のいるところに近づいて、師にいった、「道の人よ、出てこい」と。「よろしい、友よ」といって師は出てきた。(また神霊はいった)、「道の人よ、入れ」と。「よろしい、友よ」といって、師は入った。ふたたびアーラヴァカ神霊はいった、「道の人よ、出てこい」と。「よろしい、友よ」といって師は出て行った。(また神霊はいった)、「道の人よ、入れ」と。「よろしい、友よ」といって師は入った。三たびまたアーラヴァカ神霊は師にいった、「道の人よ、出てこい」と。「よろしい、友よ」といって師は出てきた。(また神霊はいった)、「道の人よ、入れ」と。「よろしい、友よ」といって師は入った。四たびまたアーラヴァカ神霊は師にいった、「道の人よ、出てこい」と。(師は答えた)、「では、私はもう出て行きません、汝のなすべきことをなさい」と。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 あそんでいるとしか思えません。

 まだ問答が始まらないのですけれど、この冒頭部分はいったいどういう伏線か? 予想としては、張りっぱなし。

 註

アーラヴァカという神霊――Alavaka. この教えはほとんどそのままの形で他の経典(SN.Ⅹ,12,Alavam, vol.Ⅰ,pp.213-215)に出ている。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫