蜀犬 日に吠ゆ

2010-03-22

[][][]蛇の章を読む(その41) 20:28 はてなブックマーク - 蛇の章を読む(その41) - 蜀犬 日に吠ゆ

この世では信仰が人間の最上の富である

第一 蛇の章

一〇、アーラヴァカという神霊

一八一 「この世で人間の最上の富は何であるか? いかなる善行が安楽をもたらすのか? 実に味の中での美味は何であるか? どのように生きるのが最上の生活であるというのか?」

一八二 「この世では信仰が人間の最上の富である。徳行に篤いことは安楽をもたらす。実に真実が味の中での美味である。智慧によって生きるのが最高の生活であるという。」

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 いよいよ問答開始。

 なかなかにアーラヴァカもはっきりした質問ですね。

一八一 ここに説かれているように、「どのように生きるのが最上の生活であるというのか?」(kathamjivim jivitam ahu settham ?)というのが、仏教の中心問題であった。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 大切なことだとは思いますが、仏教って、ほんとう他人とか人間社会とかどうでもいい扱いですよね。

一八二 信仰――saddha.

徳行に篤いこと――dhammo sucinno.

真実――saccam.

智慧によって生きる――pannajivim…….

釈尊の成道直後の詩によると、「信仰(saddha)を捨てよ」ということを教えている。それは、ヴェーダ以来の祭祀・教学に対する信仰を捨てよ、というのである。しかしここではブッダの説いた真理、理法に対する信仰を説いているのである。信仰を意味する原語はいろいろあるが、saddha というのは、理法、教えに対する信頼を意味するのであって、個人に対する狂熱的服従ではない(このような教えは本書では遅い部分に現われてくる)。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫