蜀犬 日に吠ゆ

2010-03-24

[][][][]憲問第十四を読む(その31) 19:40 はてなブックマーク - 憲問第十四を読む(その31) - 蜀犬 日に吠ゆ

己を脩むるに敬を以てす

 憲問第十四(333~379)

377 子路問君子。子曰。脩己以敬。曰。如斯而已乎。曰。脩己以安人。曰。如斯而已乎。曰。脩己以安百姓焉。脩己以安百姓。堯舜其猶病諸。

(訓)子路、君子を問う。子曰く、己を脩むるに敬を以てす。曰く、斯の如きのみか。曰く、己を脩めて以て人を安んず。曰く斯の如きのみか。曰く、己を脩めて以て百姓を安んぜん。己を脩めて以て百姓を安んずるは、堯舜も其れ猶おこれを病めり。

(新)子路が修養の目標たる君子の如何なるものかを尋ねた。子曰く、己れを正しく保って謹慎を失わぬ人だ。曰く、ただそれだけのことですか。曰く、己れを正しく保てば、自然に周囲の人たちの心を平和にすることができる。曰く、ただそれだけのことですか。曰く、己れを正しくすれば、最後には天下の百姓の心まで平和にすることさえ可能では無かろうか。天下の百姓の心を平和にすることは、堯舜のような聖天子にとってさえ、容易ならざる難事業であったのですぞ

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この条の終の方で、脩己以安百姓の句が二回繰返されるが、初の句は上を受けて、子路の質問に直接答え、次の句は自分の言った言葉に対する補足的説明のためであって下へ続くから、両者の誤記が全く違わなければならない。私の考えではこういう場合、初の句の終に何らかの助詞が必要だと考える。そして助詞を入れるならば焉が最も適当であろう。問い詰められて答える場合にはしばしばこの焉が用いられる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ここではまた子路が「やり過ぎの質問」をしてたしなめられる、という話ですね。「君子になるための条件」という子路の問には「脩己」だけで済むはずなのですが、「以敬」という補足説明をつけたのが、夫子の優しさ。しかし、子路は内省というものからは遠く離れた人間ですので、「脩己」を、気概とか理想に燃える程度のものと考えました。そしてそれくらいならもう出来ている。こうして先生に質問しているのも「修養」の一環じゃあないか、くらいの気持ちでいますから「たったそんな程度のことで君子といえるんですか?」と、おそらく本心から驚いたのではないでしょうか。

 夫子は再び答えて、「脩己」。だけでもよかったのですが、「以安人」とつけ加えます。これは、冷静に考えれば実践はなかなか難しいのですが、子路は案の定、天下平定くらいの答えを期待していますから自分の想定外の解答を理解することが出来ません。「君子なんて、そんなものなのですか?」と聞いてしまい、結局「おまえは王様か?」と言われてしまうのでした。

 こういう絶妙のやりとりが、論語の魅力(のひとつ)ですよね。

 ちなみに、堯舜の悩みは雍也第六「必ずや聖か」にもあります。聖人だって悩みます。


原壌、夷して俟つ

 憲問第十四(333~379)

378 原壌夷俟。子曰。幼而不孫弟。長而無述焉。老而不死。是為賊。以杖叩其脛。

(訓)原壌、夷(あぐら)して俟つ。子曰く、幼にして孫弟ならず。長じて述ぶるなく怵るところなく、老いて死せず。是れを賊と為す、と。杖を以て其の脛を叩く。

(新)原壌がうずくまって孔子を迎えた。子曰く、子供の時から目上のものを敬うことを知らず、成長してからも遠慮会釈することを知らず、老いぼれて死ぬのを忘れた、この穀つぶしめ、と言いながら杖でその脛を叩いた。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 二人のこの会合は路上などで偶然出あって、出あいがしらに喧嘩になったのではない。原壌は夷して俟ったのであるから、俟つべき理由があって孔子の訪問を待ちうけたのである。孔子の方はまた訪問すべき義理があって、儀礼上の訪問をした。孔子のことであるから正装して、威儀を正して出かけたところ、原壌は夷して待ちうけた。夷はうずくまるであるが、よく釣人が岸で腰を下した場合のように、片膝、または両膝を立てた楽な姿勢である。本来ならば直立して迎えるところであった。そこで孔子がその無礼を怒って杖で脛をひっぱたいたのである。だから孔子の方にも暴力を振う理由があったわけだ。

 述の字はほとんど凡ての注釈は、孔子自身の述而不作、の述本来の意味にとるが、おそらく怵の仮借であろう。発音が同じければ文字の偏には拘泥しないで相通じて用いるのが古代の習慣であった。こんな場合、たとえば原壌が先王の道を述べることがなかったにしろ、業績がないなど言って相手を責めるのはどう考えてもおかしい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 たしかに、孔子が体罰(!)をかますのはここだけですからね。対話するわけでもなくて一方的に罵り、杖で叩く。他の弟子たちと接するのとは明らかに態度が異なる、それだけ孔子の憤懣が大きかったということでしょう。


 原壌というのは

 原壌は孔子の友人である。母が死んだ時木に登って歌った人である。蓋し老子の流派の人で、礼法を無視して放逸な行いをしている者であろう。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 母が死んだ時木に登って歌ったというのもおかしな話ですが、孔子は、そうした奇矯な振る舞いに対して違和感を覚えたり距離をおいたりということはあったでしょうが、殴り掛かるというのはどういうことでしょう。

 原壌は、「礼記」の「檀弓」篇にも、顔を出す。その母が死んだとき、孔子は棺おけを施してやったのに、棺おけの上によじのぼって、歌をうたった。孔子は聞かないふりをして通りすぎ、なにぶんあいつは旧友だから、といったという。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 こちらでは棺おけになっていますね。「礼記」をもっていないので元の文は分かりません。旧友だからなにくれと面倒を見てやったために孔子の教団の一人とみなされ、若者に悪影響をあたえ、世間での儒家の評判を下げた人であったのかもしれません。


 この条における孔子の態度は、きびしく、ことに「老いて死せず」とは、何ともきびしい言葉である。ただし、杖で足をたたいたのは、強くぶんなぐったのでなく、おい、その足を引っこめないか、と軽くたしなめたのだと、朱子の新注はいい、徂徠もそれを強調する。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 だからって、杖でねえ。


速に成らんと欲する者なり

 憲問第十四(333~379)

379 闕党童子将命。或問之曰。益者与。子曰。吾見其居於位也。見其与先生並行也。非求益者也。欲速成者也。

(訓)闕党の童子、命を将(おこな)う。或るひとこれを問いて曰く、益する者か。子曰く、吾れ其の位に居るを見る。其の先生と並び行くを見る。益を求むる者に非ざるなり。速に成らんと欲する者なり。

(新)闕なる町内の童子が珍しく取次ぎの見習いを勤めた。あるひとが童子について尋ねた。大へん見込みのある子だからですか。子曰く、私が見ているとあの童子は大人と同じように座席を占領していた。また見ていると先達の大人の後に従わず、並列して歩いていた。本気で勉強する気がない。ただ一日も早く大人の扱いをしてもらいたいだけなのが分った。これではいかんと思って使っているのだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 吉川先生は、童子がよその玄関番であり、孔子が「速成を欲するとっちゃん小僧だよ」と批評した解釈になっています。

 たしかに宮崎先生の解釈でも「これではいかんと思って使っているのだ。」は、原文にない部分ですよね。その場合は、玄関番でもさせて仕事で失敗し、まだまだ半人前だと思い知らせる効果を狙っているのでしょうか。宇野先生は、玄関番にすることで「長幼の順序を観せ、礼儀作法を習わせようとする」のだとします。そういう効果も期待できますかねえ。



 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』下論、原憲が自ら記したものであろうと曰われている、四十七章ある「憲問」第十四は終わる。