蜀犬 日に吠ゆ

2010-03-25

[][]無内容~~ジェローム・K・ジェローム『ボートの三人男』中公文庫 20:08 はてなブックマーク - 無内容~~ジェローム・K・ジェローム『ボートの三人男』中公文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 新聞で、新装版が出たことを知る。昔読んだけど、内容を全く覚えていないので、再読。

ボートの三人男 (中公文庫)

ボートの三人男 (中公文庫)

 第七章まで読んだ。覚えていないわけです。内容がないよう。

 関係ないのですが、丸谷才一氏の文庫本だからかしりませんが、ジャケットの意匠を和田誠氏にするというのは、どうなのでせう。和田氏がどうこうではなくて、コネクション的な部分が不透明だと思うのですよね。池田氏の意匠で古い感じはしないので。


 各章題の後に、話の内容も書いてあります。

ボートの三人男 犬は勘定に入れません

第一章

三人の病弱者 ジョージとハリスの悩み 致命的な百七の病気にかかっている男 有効な処方箋 過労が原因、故に休息が必要だということに全員賛成 時化で苦しむ一週間か? ジョージは河を提案する モンモランシーは反対する 三対一の多数によって原案可決


第二章

プランについての議論 晴れた夜のキャンプの「楽しさ」 雨の夜のキャンプの「楽しさ」 妥協案成立 モンモランシーの第一印象 この犬は地上に住むべくあまりにも善良なのではないか、という根拠のない懸念 散会


第三章

プランを練る ハリスの仕事ぶり 家長はどのようにして額を掛けるか ジョージが尤もなことを言う 早朝に水浴びする楽しみ 転覆したときに備えて


第四章

食糧の問題 大気にパラフィン油が充満することへの反対 チーズを道づれにすることの有利性 ある人妻の家出 ふたたび、転覆したときに備えて ぼくが荷造りをする 歯ブラシの意地わる ジョージとハリスが荷造りをする モンモランシーの悪行 眠りにつく

ジェローム『ボートの三人男』中公文庫

 要するに、ボート旅行をしようと決めて、前日に主主人公の家で準備する、というだけ。なのに話はあちこちに飛び回り、時間を無駄にし、犬はいうことをきかない。

 第五章から、いよいよ旅行が始まります。

ボートの三人男 犬は勘定に入れません

第五章

P夫人が起こしてくれる のらくら者のジョージ 天気予報のペテン ぼくたちの荷物 ある少年の悪行 民衆がぼくたちのまわりに集る 威風堂々ウォータールーへ 列車というような俗事については、南西鉄道は関心がない ボートに乗って水の上を


第六章

キングズトン 初期イギリス史についての手引き 彫刻してある樫と生活についての手引き スティヴィングズ少年の悲運 骨董についての瞑想 舵をとっていることを忘れる 興味ふかい結果 ハムトン・コートの迷路 ガイドとしてのハリス


第七章

日曜日の服をまとったテムズ河 河での服装について 男たちにとってのチャンス ハリスにおける趣味の欠如 ジョージのブレザー・コート 最新流行の服を着た若い上流婦人との一日 トマス夫人の墓 墓と棺と髑髏を愛さない男 ハリスの怒り ジョージと銀行とレモネードについてのハリスの意見 彼、芸当を演ずる

ジェローム『ボートの三人男』中公文庫
ボートの三人男 (中公文庫)

ボートの三人男 (中公文庫)