蜀犬 日に吠ゆ

2010-03-31

[][]ユーモアと称する邪悪~~ジェローム・K・ジェローム『ボートの三人男』中公文庫(その4) 20:44 はてなブックマーク - ユーモアと称する邪悪~~ジェローム・K・ジェローム『ボートの三人男』中公文庫(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

 読了。

ボートの三人男 犬は勘定に入れません

第十五章

家政についての一考察 仕事への愛 河の古強者は何をするか、そして何をしたと語るか 新しい世代の懐疑主義者 舟遊びの思い出 筏に乗る ジョージのスタイル 老いたる船頭の態度と方法 静かに、そして平和に 初心者 平底舟 悲しい事故 友情の喜び わが最初の帆走 なぜわれわれは溺死しなかったかという理由への推測


第十六章

レディング スチーム・ランチに曳いてもらう 小さなボートどもの怪しからぬ振舞 彼らはどんなふうにスチーム・ランチの邪魔をするか ジョージとハリス、またしても彼らの責務を回避する かなり陳腐な物語 ストリートリーとゴアリング


第十七章

洗濯日 魚と釣師 釣りの技術について 良心的な釣師 魚についてのエピソード


第十八章

水閘(ロック) ジョージとぼくが写真に撮られた話 ウォリングフォード ドーチェスターアビンドン 一家族の首長 難所 河の空気がいかに人間の品性を毒するか


第十九章

オクスフォード モンモランシーの天国観 貸しボートの美点と長所 「テムズの誇り」号 天候一変 テムズの別の相 愉快な夜ではない 手に入れられないものへの憧れ 楽しき雑談の果てに ジョージ、バンジョーを弾く 悲しきメロディー またもや雨 遁走 夕食と乾杯

ジェローム『ボートの三人男』中公文庫

 ひどい。総じて言えることは、ユーモアと称するものは、はた迷惑な自己満足であり、他者を軽んじることを隠そうともしない物言いであり、とんでもない邪悪である、ということですね。そして、そのことを知っていながら、それを押しとどめることができないところに、ユーモアのユーモアである所以があります。ようするに、悪ふざけが過ぎるってことなんですけれども。

ボートの三人男 (中公文庫)

ボートの三人男 (中公文庫)


感想のまとめ

その1無内容

その2無意味

その3無軌道

その4ユーモアと称する邪悪

 私のタイトルもひどいなあ。こういう悪ふざけを面白いと思いこんでいるのが、ユーモアのたちの悪い部分。