蜀犬 日に吠ゆ

2010-04-05

[]煙草屋王子~~『世界樹の迷宮Ⅲ 星海の来訪者』ATLUS 19:36 はてなブックマーク - 煙草屋王子~~『世界樹の迷宮Ⅲ 星海の来訪者』ATLUS - 蜀犬 日に吠ゆ

 どうも、プリンス or プリンセスが思いうかばないので電源を入れる気がおきません。

世界樹の迷宮III 星海の来訪者(特典なし)

世界樹の迷宮III 星海の来訪者(特典なし)

 ボヘミアのフロリゼル王子なんてどうでしょう。

 今は煙草屋ですが。

クリームタルトを持った若者の話

 ロンドンに滞在中、才芸並びなきボヘミアのフロリゼル王子は、その人柄の魅力と思慮深い気前のよさとで、上下あらゆる階層の人々の人気をあつめた。世に知られていることだけをとっても、王子は非凡な人物だったが、それは彼が実際にしていることのほんの一部分にすぎなかった。常日頃はいたって穏やかな気性で、耕夫のごとき諦観をもって世間に処すことを習いとしていたが、このボヘミアの王子は、高貴の生まれによって運命られた生活以上の、冒険に満ちた型破りな人生に憧れを抱かぬわけではなかった。

スティーブンスン『新アラビア夜話』光文社古典新釈文庫

 

フロリゼル王子と刑事の冒険

殿下は長らく国を留守にし、公務を怠ったことから、蒙を啓かれた国民はつい先頃革命を起こし、王子はボヘミアの王座を追われてしまった。現在はルーパート街で煙草屋を営んでおられ、店には他国の亡命者たちもよくやって来る。

 わたしも時おり訪ねて行って、煙草を吸い、おしゃべりをするのだが、殿下は盛んなりし頃と少しも変わらぬ立派な御様子である。カウンターの後ろに坐っておられる姿は、オリュンポスの神さながらの風格をそなえている。坐っていることの多い生活のため、胴衣がややきつくなってきたようにお見受けするが、おそらく殿下はなんといっても、ロンドン一男前の煙草屋であろう。

スティーブンスン『新アラビア夜話』光文社古典新釈文庫

 これも、煙草屋の名前がわかったらギルドとして申し分ないのですが、ギルド「ルーパート街の煙草屋」ではねえ。