蜀犬 日に吠ゆ

2010-04-07

[][][]地味な調査は性に合わねえ~~ミレイユ・カルメル『女海賊メアリ・リード』1 偽りの天使 草思社(その1) 20:18 はてなブックマーク - 地味な調査は性に合わねえ~~ミレイユ・カルメル『女海賊メアリ・リード』1 偽りの天使 草思社(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

 Volume 1:Les Valets du Roi

 女海賊の物語なのに、なぜか海の話はさらっと終わり、フランスでジャコバイトのスパイとしてサンジェルマン・アン・レイの宮廷でうろちょろしています。 

女海賊メアリ・リード 第1巻 偽りの天使

女海賊メアリ・リード 第1巻 偽りの天使

 メアリ・リードの一代記ということですが、きちんとした伝記ではない様子。

  • 父方の祖母から遺産を得るために男の子として育てられたメアリが、叔父のトビアスに家を追い出され、拾われた先のエンマ・ド・モルトフォンテーヌ夫人とロマンス。
  • エンマを訪ねたトビアスと鉢合わせして屋敷を逃亡。フランス海軍(正規の海賊)の船に密航し、フォルバン船長とロマンス。海軍の基礎を学ぶ。
  • フォルバンと分かれ、フランスに亡命中のジョージ2世を訪ね、ジャコバイトのスパイとなる。

 物語の大きな流れとして、ユカタン半島海域に隠されたコルテスの財宝がからむようなのですが、現在その宝はトビアスが地図と鍵とを調査中。これを全部ごっそり奪うのでしょうか。メアリ、大胆な娘……