蜀犬 日に吠ゆ

2010-04-12

[][][][]衛霊公第十五を読む(その18) 19:20 はてなブックマーク - 衛霊公第十五を読む(その18) - 蜀犬 日に吠ゆ

巧言は徳を乱る

 衛霊公第十五(380~420)

405 子曰。巧言乱徳。小不忍。則乱大謀。

(訓)子曰く、巧言は徳を乱る。小を忍ばざれば、則ち大謀を乱る。

(新)子曰く、きれいなだけの言葉は、その人の品性を台なしにする。小さな辛抱ができなければ、大きな企画など到底できるものではない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

参考

学而第一巧言令色鮮矣仁

公冶長第五巧言令色足恭

陽貨第十七「巧言令色鮮矣仁」


 これは、二つのことを述べている、と宮崎先生は解釈しているのでしょうね。

 私は最初読んで、二つのことはつながっているのではないか、と読みましたが、どうもそういう解釈はないようです。

 私の解釈としては、「巧言」は「きれいなだけの言葉」、ではなくて「ちょっと聞いたときには耳あたりのいい意見」というふうに捕らえました。「耳ざわりのよい言葉は、徳を乱すもとである。なぜなら、小さな事を見過ごすことができなくなって、結局大きな仕事をするのを邪魔するからである」と。