蜀犬 日に吠ゆ

2010-04-17

[][][]Don't Stop Dora Now!~~『ドラえもん 映画主題歌大全集』コロムビア 21:19 はてなブックマーク - Don't Stop Dora Now!~~『ドラえもん 映画主題歌大全集』コロムビア - 蜀犬 日に吠ゆ

 リミッター解除!! ついに「風のマジカル」の封印が解かれる!! この逆風の中、あえて風のマジカルをぶちかます!!! そこに痺れる、憧れるぅ! だれもドラを止めることはできない!

 まあ、武田鉄矢さんと手を切ってまで主題歌にするほどの歌でないことは周知の事実だから、「まあこんなもんか」と確認しただけの代物だったがね!

風のマジカル

作詞 湯川れい子 作曲 NOBODY 編曲 鷲頭詩郎

Green, Green, Green

春の風がささやくわ

大胆なポーズ そろそろ似合いそうと

ヘッドホーンのままでいいわ

汗ばむほど わたしを抱いて


Green, Green, Green

こころさえも みどり色

一年たって気がつくなんて バカね

だから大きな声でいえる

世界中で君だけが好き


☆そうよ ざわめきの中

Spring Time

季節が変る Spring Time

少年はアポロになるのね

そして まばたきひとつ

Spring Time

風のマジカル Spring Time

危なさが かすんで見えない

ね、キスして



Knock, Knock, Knock

扉叩くのは だあれ?

ゆうべの夢に出て来た地図はどこ?

約束なんて 出来ないけど

身体じゅうで愛してみたい


Knock, Knock, Knock

瞳の中 みどり色

いつよりわたし 今がきれいと思う

だから大きな声でいえる

世界中で君だけが好き


そうよ 謎めく陽ざし

Spring Time

木もれ日 ゆれてSpring Time

いたずらが本気になるのね

そして ほほ笑みひとつ

Spring Time

バラの花びら Spring Time

くちびるが ふるえてしまうの

ね、キスして


☆くりかえし

『ドラえもん 映画主題歌大全集』コロムビア

 リピートで何遍も聞きました。いろいろ思うこともあります。

 別に悪い歌ではないと思います。いい歌でもないですがね。これのどこが「The Great Adventure in the planet of Demons」なのか。武田氏の歌も、たしかに映画とリンクしていなかったかもしれません。しかし、最初の大長編では『ポケットの中に』、映画ドラえもんシリーズすべてに通底する大きなテーマを表した大作でした。開拓史では『心をゆらして』、挿入部分は藤本監督が考えたのでしょうか? しかしあの、異次元空間を浮かびながら飛んで行く場面とぴったりの、名曲でした。西部劇にありがちなアップテンポは、BGM に任せて、「友情と、別れの運命」という核心をついた炊けだし最高。またいいますが、西部劇は最高潮に達する直前に主題歌を入れますが、藤本先生は西部劇ストーリーでベタを進めながら、もう一方でSF友情譚を信仰させて、完璧な演出で挿入歌を挿入したんです。最高! 『だからみんなで』はあのシーンにベストフィット。武田先生がどこまで漫画を読んで作詞したのか分かりませんが、叙情に持っていったことが素晴らしい。漫画版でも、あのジャイアンとペコ、そしてその他大勢のサイレントは最高でした。そして、みんなでつよくなれる! 未来の自分と一緒になって、つよくなれる! 読み切りの『ドラえもん』では、未来の自分に宿題を手伝わせようとして結局、過去の自分と未来の自分の殺し合いにまで発展してしましましたが、映画では、「もくときみのをあわせて」つよくなる、過去と未来の自分ならなおさらだ! となって感動的でした。『海はぼくらと』は、逆に「今回は海ですよ」と情報を得てから作ったのかもしれない作品で、エンディングに押し込められてしまっていますが、名曲。

 それに比べると、『風のマジカル』。ドラえもん作品にそぐわない。「汗ばむほど わたしを抱いて」←×ね。関係者は藤本先生以外全員×ね。「大胆なポーズ そろそろ似合いそうと ヘッドホーンのままでいいわ 汗ばむほど わたしを抱いて」。もしも私が美女だったとして、こんな歌うたわされたら、困る。ドラえもんをバカにするほどにもほどがあります。プロデューサーとか芸能事務所の力関係がどんななのか全然知りませんが、「風のマジカル」には疑問が残ります。

 当初はもっとひどいことかいていたのですが、読み返すとひどいので書き直しました。


 とまれこうまれ、こういうWクズ歌を入手できるのは、日本の表現の自由の賜物であると思いますし、よいことだと思います。その後の主題歌への感想は略。