蜀犬 日に吠ゆ

2010-04-20

[][][][]衛霊公第十五を読む(その26) 20:43 はてなブックマーク - 衛霊公第十五を読む(その26) - 蜀犬 日に吠ゆ

師冕、見ゆ

 衛霊公第十五(380~420)

420 師冕見。及階。子曰。階也。及席。子曰。席也。皆坐。子告之曰。某在斯。某在斯。師冕出。子張問曰。与師言之道与。子曰。然。固相師之道也。

(訓)師冕、見(まみ)ゆ。階に及ぶ。子曰く、階なり。席に及ぶ。子曰く、席なり。皆な坐す。子、これに告げて曰く、某は斯にあり、某は斯にあり、と。師冕出づ。子張問うて曰く、師と言うの道か。子曰く、然り。固より師を相(たす)くるの道なり。

(新)目の不自由な音楽家の師冕が訪問しにきた。階段の前へ来ると、子曰く、階段です。座席の前にくると、子曰く、座席です。全部が各々の座席につくと、孔子がいちいち紹介して、誰某(だれそれ)はそこにいます、誰某はそこにいます、と言った。師冕が退出した。子張が尋ねた。ああするのが、目の不自由な方と応対する方法ですか。子曰く、その通りだ。但しこういう場合には、応対する方法とは言わないで、助けてあげる方法というものだよ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫


 以上で、学問を志すものが尊ぶ『論語』下論、四十一章からなる「衛霊公」第十五は終わる。