蜀犬 日に吠ゆ

2010-05-03

[][][]古今和歌集を読む 仮名序(その2) 21:00 はてなブックマーク - 古今和歌集を読む 仮名序(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 古今集を読む。

仮名序

 そもそも、歌の様六つなり。唐の歌にも、かくぞあるべき。その六種の一つには、そへ歌、おほさゞきの帝をそへたてめつれる歌、

難波津に咲くやこの花、冬ごもり今は春べと、咲くやこの花

と言へるなるべし。

 二つには、かぞへ歌、

咲く花に思ひつくみのあぢきなさ、身にいたづきのいるも知らずて

と言へるなるべし。これは、たゞごとに言ひて物にたとへなどせぬものなり。この歌、いかに言へるにかあらん。その心えがたし。五つにはたゞごと歌と言へるなん、これにはかなふべき。

 三つには、なずらへ歌、

君に今朝あしたの霜のおきていなば、恋しきごとに消えやわたらん

と言へるなるべし。これは、物にもなずらへて、それがやうになんなるとやうに言ふなり。この歌、よくななへりとも見えず、「たらちめの親のあかふこのまゆごもり、いぶせくもあるか、妹にあはずて」かやうなるや、これにはかなふべからん。

 四つには、たとへ歌、

わが恋はよむとも尽きじ、荒磯海の浜の真砂はよみ尽くすとも

と言へるなるべし。これは、万の草木鳥けだものにつけて、心を見するなり。この歌は、隠れたる所なむなき。されど、はじめのそへ歌と同じやうなれば、すこし様をかへたるなるべし。「須磨のあまの塩やく煙、風をいたみ、思はぬ方になびきにけり」、この歌などや、かなふべからん。

 五つには、たゞごと歌、

いつはりのなき世なりせば、いかばかり人の言の葉うれしからまし

といへるなるべし。これは、事のとゝのほり正しきをいふなり。この歌の心、さらにかなはず。とめ歌といふべからん。「山桜、あくまで色を見つるかな、花ちるべくも風ふかぬ世に」

 六つには、いはひ歌。

この殿はむべも富みけり、さきくさの三葉四葉に殿つくりせり

と言へるなるべし。これは、世をほめて神に告ぐるなり。この歌、いはひ歌と見えずなんある。「春日野に若葉つみつゝ万世をいはふ心は、神ぞ知るらん」。これらや、すこしかなふべからん。おほよそ、むくさにわかれん事には、えあるまじき事になん。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫
古今和歌集 (岩波文庫)

古今和歌集 (岩波文庫)