蜀犬 日に吠ゆ

2010-05-05

[][][][]季氏第十六を読む(その1419:17 はてなブックマーク - 季氏第十六を読む(その14) - 蜀犬 日に吠ゆ

邦君の妻

 季氏第十六(421~434)

434 邦君之妻。君称之曰夫人。夫人自称曰小童。邦人称之曰君夫人。称諸異邦曰寡小君。異邦人称之亦曰君夫人。

(訓)邦君の妻は、君よりこれを称して夫人と曰い、夫人自ら称して小童と曰い、邦人これを称して君夫人という。諸を異邦に称して寡小君と曰い、異邦人がこれを称するにも、亦た君夫人と曰う。

(新)大名の妻を、夫がよぶには夫人といい、夫人自らは小童ととなえる。人民はこれを君夫人とよび、他国に対する時は寡小君といい、他国からよぶ時にはやはり君夫人と称する。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この条は論語の他の部分と比べて異質の内容をもつ。礼記にでも出てきそうな記録の断片であるが、論語を記した門人のメモが誤って混入したか、あるいは後世になって別の断簡が混入したものであろう。強いて孔子の言葉としてそこから教訓を引き出そうと努めるにも及ぶまい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫


 以上で、学問を志すものが尊ぶ『論語』下論、この篇は斉論ではないかと疑う人があり、皆「孔子曰はく」と書いた所や三友(さんゆう)三楽(さんかい)三愆(さんえん)三戒(さんかい)三畏(さんい)九思(きゅうし)等をならべあげる所は他の篇と趣がちがう、すべて十四章ある「季氏」第十六は終わる。