蜀犬 日に吠ゆ

2010-05-06

[][][]古今和歌集を読む 仮名序(その4) 21:05 はてなブックマーク - 古今和歌集を読む 仮名序(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

 古今集を読む。

仮名序

 いにしへよりかく伝はるうちにも、奈良の御時よりぞ広まりにける。かの御代や、歌の心を知ろしめしたりけむ。かの御時に、正三位柿本人麿なむ、歌の聖なりける。これは、君も人も身をあはせたりといふなるべし。秋の夕べ竜田川に流るゝ紅葉をば、帝の御目には錦と見たまひ、春の朝吉野の山の桜は、人麿が心には雲かとのみなむおぼえける。又、山の辺の赤人といふ人ありけり。歌に、あやしく妙なりけり。人丸は赤人が上に立たむ事かたく、赤人は人麿が下に立たむ事かたくなむありける。奈良の帝の御歌、「竜田川もみぢ乱れて流るめり、渡らば錦中や絶えなん」。人麿、「むめの花それとも見えず、久方の天ぎる雪のなべて降れれば」「ほのぼのと明石の浦の朝霧に島隠れゆく舟をしぞ思ふ」。赤人「春の野にすみれつみにとこし我ぞ、野をなつかしみ一夜ねにける」「和歌の浦に潮みちくれば、潟をなみ、葦辺をさして鶴鳴きわたる」この人々をおきて、又、すぐれたる人も、呉竹の世々にきこえ、片糸のよりよりに絶えずぞありける。これよりさきの歌を集めてなむ、万葉集と名づけられたりける。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫