蜀犬 日に吠ゆ

2010-05-21

[][][]古今和歌集を読む 仮名序(その5) 15:20 はてなブックマーク - 古今和歌集を読む 仮名序(その5) - 蜀犬 日に吠ゆ

 古今集仮名序

仮名序

 こゝに、いにしへのことをも歌の心をも知れる人の、わづかに一人二人なりき。然あれど、これかれ、得たる所・得ぬ所、たがひになむある。かの御時よりこの方、年は百年あまり、世は十継になん、なりにける。いにしへのこをも歌をも、しれる人よむ人、多からず。今この事を言ふに、官位(つかさくらゐ)高き人をば、たやすきやうなれば入れず。そのほかに、近き世にその名きこえたる人は、すなはち、僧正遍昭は、歌のさまは得たれども誠すくなし。たとへば、絵(ゑ)にかける女(をうな)を見て、いたづらに心を動かすがごとし。「浅みどり糸よりかけて、しら露を玉にもぬける春の柳か」「蓮葉(はちすば)の、にごりにしまぬ心もて、何かは露を玉とあざむく」「嵯峨野にてむまより落ちてよめる、名にめでて折れるばかりぞ、をみなへし、我おちにきと人に語るな」

 在原業平は、その心あまりて言葉たらず。しぼめる花の、色なくてにほひ残れるがごとし。「月やあらぬ、春や昔の春ならぬ、我が身一つはもとの身にして」「おほかたは月をもめでじ、これそこの積れば人の老いとなるもの」「ねぬる夜の夢をはかなみ、まどろめば、いやはかなにもなりまさるかな」

 文屋康秀は、言葉はたくみにて、そのさま身におはず。いはば、商人(あきひと)のよき衣(きぬ)きたらんがごとし。「吹くからに野べの草木のしをるれば、むべ山風をあらしといふらむ」「深草の(帝の)御国忌に、草深き霞の谷にかげかくし照る日のくれし今日にやはあらぬ」

 宇治山の僧喜撰は、言葉かすかにして、初め終りたしかならず。いはば、秋の月を見るに、暁の雲にあへるがごとし。「わが庵は都のたつみ、しかぞ住む、世を宇治山と人はいふなり」よめる歌多く聞えねば、かれこれを通はしてよく知らず。

 小野小町は、いにしへの衣通姫(そとほりひめ)の流れなり。あはれなるやうにて、強からず、言はば、よき女の悩めるところあるに似たり。強からぬは、女の歌なればなるべし。「思ひつつねればや人の見えつらん、夢と知りせばさめざらましを」「色見えで移ろふものは、世の中の人の心の花にぞありける」「わびぬれば身をうき草の根を絶えて、誘ふ水あらばいなんとぞ思ふ」。衣通姫の歌、「わがせこが来べきよひなり、さゝがにのくものふるまひかねてしるしも」

 大伴黒主は、そのさまいやし。いはば、薪負へる山人の、花のかげに休めるがごとし。「思ひいでて恋しき時は、初雁のなきてわたると、人は知らずや」「鏡山いざたち寄りて見てゆかむ、年へぬる身は老いやしぬると」

 このほかの人々、その名きこゆる、野辺に生ふるかづらのはひ広ごり、林にしげき木の葉のごとくに多かれど、歌のみと思ひて、そのさま知らぬなるべし。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 紀貫之ひどい。なにも実名でけなさなくても…… さらに真名序でもう一度やるのですから徹底しています。


[][][][]陽貨第十七を読む(その16) 21:01 はてなブックマーク - 陽貨第十七を読む(その16) - 蜀犬 日に吠ゆ

君子は義、もって上と為す

 陽貨第十七(435~460)

457 子路曰。君子尚勇乎。子曰。君子義以為上。君子有勇而無義為乱。小人有勇而無義為盗。

(訓)子路曰く、君子は勇を尚(とうと)ぶか。子曰く、君子は義、もって上と為す。君子、勇ありて義なければ乱を為し、小人、勇ありて義なければ盗を為す。

(新)子路曰く、先生は勇気を大事なこととお考えですか。子曰く、諸君はそれよりも、やっていいか悪いかの判断力の方を尊重してもらいたい。諸君がもし勇気だけあってその判断力を欠けば武闘を始めるようになるだろうし、ましてや諸君に及ばぬ人たちが勇気だけあって、判断力を欠けば盗賊をもやりかねない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 伊焞(いんじゅん)は「義を上として尚べばその勇は大である。子路は勇を好むから、孔子がこれをもってその失を救ったのである。」と曰い、胡寅(こいん)は「疑うらくはこれは子路が初めて孔子に見えた時の問答であろう」という。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 中島敦でいうところの、「ガアガアブウブウ」ですね。


君子も亦た悪むことあるか

 陽貨第十七(435~460)

458 子貢曰。君子亦有悪乎。子曰。有悪。悪称人之悪者。悪居下流而訕上者。悪勇而無礼者。悪果敢而窒者。曰。賜也亦有悪乎。悪徼以為知者。悪不孫以為勇者。悪訐以為直者。

(訓)子貢曰く、君子も亦た悪むことあるか。子曰く、悪むことあり。人の悪を称する者を悪む。下流に居りて上を訕(そし)る者を悪む。勇にして礼なき者を悪む。果敢にして窒(ふさ)がる者を悪む。曰く、賜や、亦た悪むことあるかな。徼(むか)えて以て知と為す者を悪む。不孫にして以て勇と為す者を悪む。訐(あば)いて以て直と為す者を悪む。

(新)子貢曰く、先生にも人を悪むことがおありですか。子曰く、それはあるさ。人の欠点を人の前で披露する者を悪む。自分の劣ったことを棚にあげて、優れている人を悪くいう者を悪む。向う見ずで無礼を行う者を悪む。決断するそばから腰くだけになって逃げ出す人を悪む。曰く、そう仰れば私も悪む者のあることを申してよいでしょうか。先取りして頭の良いという顔をする者を悪みます。傲慢に振舞うことを勇気のある証拠だと思う者を悪みます。人の嫌がることを言うのを正直だと思う者を悪みます。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この章の三番目の曰くの下、賜也亦有悪乎、を孔子が改めて子貢に聞きかえした、と解するのが従来の説であるが、むしろこの所は、子貢の言葉とした方がよいと思う。亦有悪乎、は疑問文によくある形であるが、しかし、乎という字があっても必ずしも常に疑問形とは限らない。子貢が遠慮しながらの発言と解するのがよさそうである。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この章句は深いですね。「子貢、人を方ぶ」から子貢がはっきり成長していることを示しているわけですから。普通孔子の弟子たちは、始めに設定されたキャラクタから動くことが少ないのですが、子路と子貢は複雑な扱いを受けています。

 子貢のセリフは、具体的な孔子の列挙をすこし高い視点から言い直したような印象を受けますが、そのあたりの、師弟の丁々発止ができるのは子貢くらいのものでしょうね。


 しかし、普段は「苟くも仁に志さば、悪むなきなり」とか言っておいて、子貢とだけはこういう会話ができてしまうのですから、封建主義と民主主義の折り合いが悪いわけですね。啓蒙主義は民主主義を生み出すもとになりましたが、儒教に近いのではないでしょうか。


女子と小人とは養い難し

 陽貨第十七(435~460)

459 子曰。唯女子与小人為難養也。近之則不孫。遠之則怨。

(訓)子曰く、唯だ女子と小人とは養い難しと為すなり。これを近づくれば不孫、これを遠ざくれば怨む。

(新)子曰く、妾と奴隷とは使いにくいものだ。大事にすればつけあがるし、よそよそしくすれば恨みに思う。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 まあ、儒教の男女差別をあげつらうときによく引用される章句ですね。「女子」は「小人」に対応する語であるということに、気づかないのでしょうか。中国の対句の発想に思いが及ばないものでしょうかね。

 「論語」の教えの全部が、現代には通用しないことを、示す条のように思われる。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 吉川先生、いかにも悔しそうですね。この章句を引用されてさんざん「戦後民主主義者」からいじめられたのでしょうねえ。

 しかし、女性蔑視は中国でも同じであったようで、

 女子の場合、一般論であって、すぐれた女性もいるとする(『疏』)。

加地伸行『論語』講談社学術文庫

 のように注釈をつけなければならなかったようです(『疏』は宋代の注釈)。

 しかし、教育のないところで、「人治」のまかりとおるところでサバイブするためには、こうした機微をわきまえなければならないという現実も実際あるわけで、為政者の側がそれに寄りそったのが『韓非子』でしょう? その「二柄」篇などは、バカどもとの距離感をどうやってとるべきなのかを延々論じているわけで、蒙一歩進んで、本当は韓非子だって考えられたはずなのにねえ。

 そういう感想自体、私が平和な昭和・平成時代に生きてきたからなのかもしれませんがね。


年四十にして悪まるるは、其れ終らんのみ

 陽貨第十七(435~460)

460 子曰。年四十而見悪焉。其終也已。

(訓)子曰く、年四十にして悪まるるは、其れ終らんのみ。

(新)子曰く、年が四十歳にもなって悪しざまに人の口に上るなら、もう悪い評判は一生つきまとうものだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この悪という字は、あるいは非常に形の似た感という字の誤りではないかという気がする。夫子自身は四十になって惑わない自信ができてこの関門を突破している。孔子の考えでは単に悪まれるということでは、不肖である証拠にはならなかったはずである。326406の条参照。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫


 以上で、学問を志すものが尊ぶ『論語』下論、内に陪臣が政を専らにすることが三つある。性を言う者が三章ある。その他は皆学を為し身を修めることで警戒言切の辞(じ)が多い。(熊禾(ゆうか)による)「陽貨第十七」はおわる。